珈琲サイフオン社(工場・豆売り)

1.
きょうは巣鴨の珈琲サイフオン㈱に行って、初めて「コットンペーパー」を買ってきました。

珈琲サイフオン社の場所は、
巣鴨のとげ抜き地蔵のJRをはさんでちょうど反対側です。
白山通りから数えて、平行な路地の2本目に
珈琲サイフオン社はあります。

こことの出会いは、たまたまで、
以前(といっても10年ほど前)千石という所に住んでいまして、
そこから巣鴨の駅に行く途中に、怪しげな焙煎工場があった、
という程度のものでした。

怪しげなと言うのは、そこは、工場と言うには余りふさわしくない、古ぼけた二階建ての、路地際ぎりぎりに建っている、ただの民家だったからです。
ただの民家と大きく違うのは、表に銀色の高い煙突が7本も、二階屋根よりも高く突き出し、並んで壁にへばりついている様子が珍しいことです。
それから道ばたにチャフの詰まったザルなどが置いてあるときもありました。
時々、焙煎の良い香りがするときもあります。
小さな入り口に作った無理矢理な場所で、焙煎豆も売っているようです。

そのころ、いつもは新宿のヤマモトコーヒーから生豆を買っていたのですが。
あるとき思い立って、
その謎の焙煎工場から買ってみようとして、出かけたのでした。

『あのー、生豆が欲しいんですけど。分けてもらえますか?』と近くの人に聞くと、
『ああそれは社長だ。』『シャチョー!!シャチョー!!』と呼んでいます。

出てきた人は、ニコニコ笑顔の(いや、目が細くて垂れていただけかも知れませんが)
小柄なおじさんでした。
『どんな豆が良いんだ? どおやって焼いているんだ?』と聞いてくると
その辺に転がっている麻袋の一つ一つをあれこれ自慢げに説明してくれます。
うちは良い豆を使っているんだ。と。
それから焙煎機も奥にあるのまで1台1台説明してくれるので、とても感激しました。
とんきちは、そのとき初めて、「プロバット」を見ることができたのでした。
狭い工場民家の中には、鴨居も敷居もぶち抜きで、
熱風も、直火も、あらゆるタイプの焙煎機が所狭しと並んでいるのでした。

オヤジさん曰く
自家焙煎と言ってる喫茶店は趣味に走り過ぎである。
お客さんの欲しい物を作るのが本当の商売である。
自家焙煎の店があれこれ焙煎について行っているが
たった一台の小さな焙煎機の経験で言っているだけで、
あらゆる物をやっているのではないから意見が偏るのではないか?
よく蒸らしとか言うがそんな物はありはしないのだ。
うちはドラムの回転数を調整して焼き加減を作っている。
コンピューターで回転速度を制御しているのだ。

などなど、十年経っても覚えています。
強烈な印象の社長さんでした。

その人が「コーノ式」で有名な、河野さんだと知ったのはつい最近、
コーノ式が流行りだしてからですから、三四年前のことです。
最初は、あの工場と、おしゃれなコーノドリッパーが結びつかなくて、
名前も「サイフオン社」ですから、ドリップとは結びつかなくて。
ビックリするやら、驚くやら。

珈琲サイフオン㈱のホームページを見ますと
河野社長が、焙煎講習会を開くなどして一生懸命若者を育てている様子が分かります。
講習用の簡易焙煎機も開発されているようです。
珈琲サイフオン社が、歴史の古い、まさに「名門」であることもわかります。
先代の社長もお元気で現役だとも書いてありました。
今は飛ぶ鳥を落とす勢いの「コーノ式」を発明したのは、
この先代の社長のようです。

さて、今日はその珈琲サイフオン社に、新製品である「コットンペーパー」をやっとこさ買いにいったのでした。
(買うならここでと決めていたのです。)

2.
実は、ここまでが前置き。

買いにいった裏路地の、無理矢理な玄関を入ると、
中はただならぬ雰囲気なのでした。
片付けられた工場の一角に、折りたたみのいすがきれいに何列にも並べられ
そこには誰も座っていないで、前の方に30人ぐらいの人垣ができています。
ピンと来ました。講習会です。
やってます。
講習会はカリスマしかやっちゃあいけません。
田口さんと、堀口さんと、ワニさんと、、、、
河野さんもその一人なんですね。
盛り上がっています。

「アドバイザー」の肩書きの名札をさげた、20代前半くらいの若者が10人くらい
珈琲を入れたカップを配ったりみんな一生懸命アシストしています。
多分いつもの講習会の生徒さんなのでしょう。
良い生徒さんがたくさんいます。

今日はなんとコーノさんのお父さん
御大みずから講釈しながら珈琲を入れています。
年の頃ならランブルの関口さんよりちょっと若いくらいでしょうか?
大振りな黒ぶち眼鏡がよく似合います。
とんきちがいったときにはペーパーの抽出は終わっていて
今度はネルが始まったときでした。

とんきちは講習を予約した訳ではないのですが、
スタッフに断って後ろの方で聞かせてもらいました。
最後は御大のコーヒーも味見させていただきました。
ラッキー!!

10人分くらい一緒に抽出するのですが。
ビックリしたこと。

ランブルポットを使って入れているのに、湯の線は、野太く、いい加減です。
自分でも言っていました。『いい加減だろ。慣れは怖いよな。』と

それから、コーヒーはネルが一番だと。
サイフォン社にしてコーノ式の発明者が言っておりました。
ネルが一番だと。

それから、隣に湯を入れた透明なガラスのサーバーがあったんですが。
一通り抽出が終了して、どうするか見ていると
入れましたね。透明な湯を。
今抽出が終わったばかりのサーバーに、
隣に準備してあったお湯を、ザアーっと、やおら継ぎ足しました。
3割から4割コーヒー液が増量したでしょうか。
ランブルの関口さんが見たら、白目を剥いてぶっ倒れるかもしれません。
とんきちは「松屋式」の抽出で実験済み、とはいえ
目の前でドバーット加える透明なお湯を見ると
ホントにビックリします。

味見させていただいたコーヒーは、
煎りの深いコーヒーをネルであっさり入れた物ですから
柔らかいけどすっきりしている、
甘さと、さわやかな苦みのコーヒーなのでした。

つぎにサイホンコーヒーの講釈が始まる所でしたが
余り興味がないので帰ってまいりました。

3.
家に帰ってきて早速『コットンペーパー』でいれてみました。
少しもったりした感じですね。
ネルは、すーっと湯が通り抜ける物です。
普通のペーパーより、もっと通りのよいものを想像していました。
実際は逆なような気がします。
いれ方をコットンペーパー用に考えなければ使えないなあ。
と思いました。
やはり御大のおっしゃる通り
ネルが最高なんでしょうか。

追伸
御大は、ネルの起毛は、外だと言っていました。理由が面白いです。
起毛が内だと、粉がからまって掃除しにくいから。
無理して掃除すると、起毛が抜けて早くネルが傷んでしまうと言っていました。
もっとすごい理由を期待していたんですが、あっけらかんと言っていました。
by tonnkiti2002 | 2005-10-22 22:07 | お店


<< コーヒーカップ(デミタス) blendブレンド(雑誌) >>