CAFE 丸福珈琲店

先日、秋葉原の「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」に行ってきました。

9月にオープンした巨大電気デパートで、ディズニーランドより人を集めたとか、
相当話題になっていましたので、旧聞に属するかもしれませんが、
とんきち、新しいファックスに買い替えるのを口実に、
流行のスポットを見物に行ったのでした。

ドーンとそびえる巨大電気デパート。
入口のフロア案内を見ますと
4階売り場の横に、『CAFE 丸福珈琲店』と書いてあります。


ハテ?『丸福珈琲』とな?


脳内メモリを検索しますと、二つのことが思い当たります。

一つは、近くのスーパーで売っていた「丸福珈琲」。
大きめの栄養ドリンクみたいな、四角い小ビン入りのアイスコーヒーで
スーパー売りにしては珍しい、こってりとした深煎り珈琲エキスで
濃いのが好きなとんきちは、時々買ってきては、氷で薄めて飲んでいたのでした。
もう一つは、中国に住んでいる友人からのメール。
「上海に一人で乗り込んできて自家焙煎の店をやっている日本人がいるらしい」
「その人は丸福珈琲と言う所で修業した人らしい」 と言う情報が寄せられたのでした。
どっかで聞いた話だなーと思って、調べてみると
フレーバーコーヒーのホームページによく出てくる、「上海クン」の事だったのでした。
その時は「ふーん。上海クンってあのアイスコーヒーの店で修業したんだ」と思った程度でした。


さて、アキバの『CAFE 丸福珈琲店』です。


さっそく、買い物帰りに、よってみる事にしました。

オシャレな感じの今風チェーン店カフェですが、ロゴが丸に副の字だったり。
大正時代を思わせる白黒写真が幕板にレイアウトされていたり。
メニューに「浪速名物フルーツジュース」があったり。
ちょっと他とは違うぞ。と言う雰囲気もあるのでした。
手始めですので、ブレンドコーヒー420円と、小さなカップに入ったチーズケーキ320円を
頼んでみました。

出されたコーヒーカップには丸に副の字のロゴ。
それから、角砂糖が二個ついています。

席について周りを見渡すと、
少しくらい雰囲気ですが、色々工夫してオシャレを狙っているんだろうなー
と、思わせる、いわゆるカフェ風で、女性客も多いようです。
a0042726_053179.jpg

コーヒーを、軽く、ひとくち、すすりましてと、、、、、

ゔっ。
げっ。げっ。
うーん。
ショックです。
ひとくち目で。この衝撃はいったい。
うーん。
グッときます。
濃いんです。
参りました。
煎りが深いんです。ごめんなさい。
こってり。こてこてです。
ストロングです。
世間は薄いコーヒーばっかでしょうがねーなー。と。
思い上がっていました。スミマセン。
とんきちの思うデミタスの2倍から3倍の濃さで、
しかも普通カップですから量まで3倍です。
合わせて9倍の迫力です。参りました。

とんきちの勝手な分類ですが、
コーヒーには「戦前コーヒー」と、「戦後コーヒー」がありまして
「戦後コーヒー」は、アメリカンタイプの酸味系のうすいコーヒー。
「戦前コーヒー」は、フレンチローストの真っ黒にがにがコーヒー。
少しくどいヨーロピアンタイプで、
今では滅多にお目にかかる事もなくなったタイプのこーひーです。

その「戦前コーヒー」がたった今。この目の前に。
a0042726_0194747.jpg

しかも周りは、最先端のマルチメディアで、オシャレカフェ。
a0042726_021456.jpg

カップの中はドーンと9倍コーヒー。
a0042726_0232497.jpg

濃くて飲みきれないかもしれません。
チーズケーキ食べると、舌が救われます。

周りはオシャレカフェ。
a0042726_0232310.jpg

この落差。ショックです。

お店のパンフを見たり。帰ってきてネットで調べたりすると、
『丸福珈琲』と言うのは、「創業昭和9年」「千日前」で有名な
大阪の老舗喫茶店のようなのです。
「濃い珈琲の極み」ともかいてありました。
とんきちは東北出身で東京在住なものですから
関西方面の事は、とんと縁がないもので、知りませんでした。

大阪方面の皆サーン!!『丸福珈琲』が、東京でCAFEやってますよー!!
でも,コーヒーはそのまんまですよー。

しかし、あのストロングコーヒーが、一般に受け入れられるのでしょうか?
周りを見てみると、みんなジュースばっかり飲んでいるのが、ちょっと気がかりです。

コーヒーは間違ったコーヒーではありません。
甘みと、よい苦みの、パンフによりますと「決してえぐいものではなく、コクが深いのに、
後味はさっぱりしている」コーヒーです。

しかし落差がショック。

東京の皆さん。知らなかったらぜひ一度、行ってみて下さい。
決してCAFEの外観に惑わされないように。
大阪の老舗のコーヒーが味わえます。

a0042726_0382593.jpg

しかし落差がショック。
by tonnkiti2002 | 2005-11-07 00:44 | お店 | Comments(26)
Commented by ロデム at 2005-11-07 02:36 x
あの上海くんはあそこの出身の方だったのですね、

むむむぅ、じつは、僕は丸福行った事あるんです。本店に、

感想は、、、、
とても言いにくいのですが、、、、

うーん、、、、

これは失敗焙煎の味だと思いました。なんと言うか、、、薬臭いんです、
これは、煎り過ぎの味だと思います。

抽出も独自の方法だとお店の紹介にありましたが、
微粉になるくらい極細挽きにした粉を煮だした様な、、、そんな味でした。
カップの底には、微粉が沈んでいました。
なんと言うか、、、そのコーヒー豆のもつ全ての味を(雑味も何もかも全て)
絞り出して出し尽くした様な感じでした。

確かにあの濃さはデミタスを普段飲み慣れた方にも衝撃的でしょう。
とんきちさんのおっしゃる『戦前の珈琲』よく判ります、僕も全く同じ印象です。
『大阪』でしか成立しない味ではないでしょうか?
東京の方、いや全国の皆さんに受け入れられるのでしょうか?

いや、決して批判してるわけではないんですが、、、
褒めても無いんですが、、、ぼくもショック。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-07 12:19
>ロデムさん
どうやったら、あんなコーヒーになるのか?
不思議なコーヒーです。
あれだけやっちゃうと、もっとひどいことになりそうだけど
商品として成り立っているわけですよ。しかも70年以上も。
さらに同じコーヒーでCAFEまでやろうとしているところなど。
すごいです。すごいを通り越して。ショック。
Commented by monk at 2005-11-07 23:10 x
はじめまして。
大阪のモンクです。
アイスカフェオレだけしか飲んだことが無いですけど、美味しかったですよ。
おそらくそんな倍倍珈琲をベースにしてるからミルクと合ったのかな?
今度は本店しばきに行かなくちゃ!
そしてブレンドコーヒー飲んで見ます
口にあわなかったらショック?かな。。

う~ん。ジョージショック~♪(関西限定ギャグですんません。。)
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-07 23:39
>monkさん
初めまして。
ジョージショック。笑わせてもらいました。ありがとうございます。
さすが関西の方はノリとツッコミをわかっていらっしゃる。

あれはミルクコーヒーのベースにはかなり良いんですね。
今気がつきました。
今度はとんきちの方がカフェオレ飲んでみます。
Commented by dridri at 2005-11-08 01:50 x
初めまして、dridri といいます。
今回は目からウロコの「とんきちさんのコーヒーレポート」でした。
しばらく前からとんきちさんを始めお仲間(リンク)のブログを
勉強のため拝見させていただいています。常々思っている事なのですが
みなさんが「美味しいコーヒー」ってどういうコーヒーの事をいうのか
自分にはもうひとつ理解できませんでした。
今回の「丸福」さんのコーヒーレポートで具体的な例が出ましたので
大体ですが理解できたと思います。やっぱり「濃い・苦い」でしょうか?
私は好きです。焙煎はそんなに深いわけではありません。「ハイ」~「シティ」
くらいだと思います。抽出の仕方が独特だと聞いています。

※「丸福」のコーヒーをストレートで飲もうと思ってはいけません。
  しっかり砂糖とミルクを入れましょう。

Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-08 04:48
さらにショック。
そうかあれはストレートで飲んじゃいけなかったんですね。
砂糖とミルクを入れるのを前提にして作られたコーヒー。
知らなかった。
しかも「焙煎もそんなに深くない」とおっしゃる。
気づかなかった。

dridriさんはじめまして。これからもバンバンよろしくお願いします。
Commented by ロデム at 2005-11-08 22:57 x
dridriさんはじめまして、

>※「丸福」のコーヒーをストレートで飲もうと思ってはいけません。

  しっかり砂糖とミルクを入れましょう。

そうだったのですね!ちょっと目から鱗が落ちました。

>「美味しいコーヒー」ってどういうコーヒーの事をいうのか?

dridriさんのこの問いかけに、改めて自分にとってどうなのかを考えてみましたが、
自分にとっては結構明確に「美味しいコーヒー」という基準があるのです。
ただ、意外なほど自分の珈琲に対する嗜好のレンジの狭さを感じました。
凝り固まってるかもしれません(笑)
でも、嗜好品ってそういうものなのかもしれないなぁ、って思ったり...

僕は、結構コーヒーに関する書籍を買うのですが、
この「美味しいコーヒーの基準」はプロの方も明言を避けておられるように感じます。例えば、田口さんは『よいコーヒー、悪いコーヒー』という表現をする事でこの問いかけから微妙に回避しているように僕には感じられます。
Commented by dridri at 2005-11-09 10:24 x
ロデムさん初めまして、ブログ読ませていただいています。
文章にしてしまうと表現の微妙なニュアンスが伝わりにくいので
誤解を受けやすくなるのですが、敢えて誤解を恐れず言わせて頂きます。
「よいコーヒー、悪いコーヒー」ではなく「美味しいコーヒー、美味しく
ないコーヒー」だと思います。そしてコーヒーが嗜好品である以上個人の
主観(味覚)によってその基準はそれぞれなのだと思います。ですから
「よい焙煎、悪い焙煎」・「よい抽出、悪い抽出」ではなく「求める味」に
必要な「技術」を身に付ける「方法論」が大切ではないでしょうか。
「美味しいコーヒー」・「嗜好品」・「味覚」、何だか矛盾しているようですが、
だからコーヒーは面白いと思うのです。コーヒー大好き!!
Commented by sheaf at 2005-11-09 13:54
dridriさんはじめまして。色々考えさせられました。

今のところ、僕が美味しいと思って日々飲んでいるのは「一杯あたり20gくらいのきわめて粗挽きのフルシティーからフレンチくらいに深煎りの豆をバネットでネルドリップ風に淹れたもの」です。具体的なお店ではワゾーさんのような珈琲を目指しています。どちらかというと、濃くて苦くてヘヴィな珈琲よりも、やや軽くて上品で後味が爽やかな(といっても一般の人には濃く感じる気はするのですが)もの。

美味しい珈琲の基準は無いようでいて在る、と僕は思っています。多分、しつこく珈琲をやっていると同じような珈琲が好きになってくるんじゃないのかな、と思っています。ただ、一般の人、珈琲に慣れてない人にはそれはちょっと煎りも深いし強すぎる、と感じられるようです。(僕もそうでした。)ただ、その後の好みの変化は殆どの人にとって共通というか、より濃く・苦い方向への適性が増していくと思っています。
Commented by とんきち at 2005-11-09 18:27 x
田口さんもね、結局の最後は、趣味嗜好の問題だろう。と言っているわけです。
しかし待ってくれと。
間違った珈琲について、それを好きだとか嫌いだと言ってもそれはおかしいと。
正しい珈琲についてそれが好きだとか嫌いだとか言ってくれ。
趣味嗜好を言う時は、まず正しい珈琲を前提にしてくれと。
田口さんは、おっしゃっている。
しかし、田口さんが、その正しい珈琲を前提として、おれの趣味嗜好はこうだ。とか、
おれの珈琲はこれだ。と言っているのをあまり聞かない。
それはプロだから。
おれの珈琲を飲んでくれ。店にきてくれ。とおっしゃっているのだと思います。
田口さんの言う正しい珈琲は今ではほとんど常識のようなあたりまえのことで、いい豆使えとか。新鮮なものを飲めとか。焙煎を間違うなとか、味は焙煎に左右されるとか、そんなことだと思いますが、
当時の珈琲の状況からして、そのあたりまえが革新だったわけです。

どんな過程があろうとも、最後は自分にとって「美味しいコーヒー、美味しくないコーヒー」しかないというのは、dridriさんに大賛成です。
Commented by とんきち at 2005-11-09 18:46 x
レポートの中でとんきちは、これは正しい珈琲だろうが、おれには合わん。と言っています。ロデムさんは、これは間違った珈琲の疑いがある。といっているわけです。皆さんは砂糖やミルクに合う珈琲だと言っているのです。そう解釈しております。
Commented by ロデム at 2005-11-09 23:44 x
dridriさん、
僕のブログの様なものも見て頂いて、ありがとうございます!
dridriさんのコメントにあるご意見ちゃんと伝わったと思います。
>「よいコーヒー、悪いコーヒー」ではなく「美味しいコーヒー、美味しく
ないコーヒー」

賛成です、僕もそう思います。
でもホントは田口さんもちゃんと自分の中にはあるのでしょうけどね。

僕の嗜好する珈琲はsheafさんのものに近いと思います。
やはり、『フルシティーからフレンチくらいで、渋みが少なく、甘みが強い、
口に含んだ時はボディが強いが、後味にかすかにさわやかな酸味を感じる』
そんな珈琲です。
あと、前提としてミルク、砂糖を入れる事は考えていません。
さらに、飲んだ後、いつまでも胃袋から香りが上がってくるようなら大満足です。

とんきちさん、
とんきちさんのコメント読んで、はじめ、「と、とんきちさん、ぼくそこまで言ってないよー(汗)」って思ったのですが。
でも、やっぱり僕の『美味しい珈琲』の基準からは外れているかなぁ、と思いました。

なんだか思わぬくらい深いお話しになってしまいましたねぇ、
う~ん。丸福ショック~♪(締めてみました)
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-09 23:55
ロデムさん
ちょっと大げさに言っちゃいました。スミマセン。
『おいしいコーヒーとは何か』これもまた永遠のテーマなんでしょうね。
Commented by dridri at 2005-11-10 00:26 x
こんばんは、dridriです。
私が今「美味しいコーヒー」と思っているコーヒーを具体的に
言いますと
ローストはミディアム~ハイ(この判断の仕方にも個人差があると思いますが)
豆の量は15g 
抽出はペーパードリップまたはネルドリップ
ペーパードリップの場合――ドリッパーはメリタのSF-M 1×1、
ペーパーはカリタの101の酸素漂白、豆は中挽き―「ナイスカットミル」
(カリタ)の5番または、「みるっこ」(富士珈機)の5番くらいで挽きます。
湯温は95℃~97℃ 蒸らしは45秒~60秒 その後3回に分けて
注湯、合計4回の注湯になります。時間は2分30秒を理想とします。
飲み方は、ブラック・砂糖入り・ミルク入り・砂糖ミルク入り・それなりの
美味しさがあると思います。………ここでツッコミがあると「うれいし」かな。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-10 02:47
>ローストはミディアム~ハイ
とんきちにとっては浅煎りです。もっと上、シティ〜フルシティを狙っています。
>豆の量は15g
20g以上を考えています。深煎りの場合豆の量は多い方が旨味が出やすいと思います。ペーパーはコーノの円錐形です。ナイスカットミルの5番でやっています。ほんとは、ネルで井上製作所のリードミルを使ってやってみたい。(微粉限りなくゼロのミル)
湯温の95℃~97℃は深煎りには、高すぎで、85℃〜90℃でやっています。
>蒸らしは45秒~60秒
ランルブル式の点滴ですので蒸らしの区別はないのですが、じっくり点滴していると2〜3分蒸らしているかもしれません。豆の様子を見ながら調整します。
飲み方はブラックのみ!!温めなおすことはなく、ぬるめのコーヒーをなめるように味わうのがデミタスの流儀です。コーヒーの自然な甘さを楽しみたい。理想は雑味なく旨味たっぷりの「移山房」コーヒーなんですが、東京でも「移山房」は超マイナーだったのでsheafさんのような人しか知らないかもしれません。
よい酸味があるはとても重要なポイントです。雑味のないきれいな珈琲が飲みたい。

dridriさんは正当な浅煎り系の飲み方をされていると思いました。
Commented by sheaf at 2005-11-10 09:36
再び、すいません。

とんきちさんが移山房が理想だと聞いて、内心びっくりしました。(僕もそうなんです。)僕の勝手な想像なのですが、移山房(十一房)-ワゾーというラインにおいて、山田さんの珈琲の世界、というのを感じます。その特徴はやはり酸味の残し方にあって、移山房がない今となってはそれを継承しているワゾーさんに僕は注目しています。

ちなみに僕も、ブラックオンリーです。(ブラックでしか飲まないので、ブラックという言葉を全く使ってないことに気づきました。)温め直しもしません。

>『フルシティーからフレンチくらいで、渋みが少なく、甘みが強い、口に含んだ時はボディが強いが、後味にかすかにさわやかな酸味を感じる』

とロデムさんの形容される珈琲には全く同感です。やはりある程度のボディ感というか力の強さがないとダメで、かつ後味が爽やかですっと消えるような珈琲が理想です。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-10 17:34
>sheafさん
いやー。やっと見つけて。何回か通ったら。すぐに閉めちゃったんですね。移山房。
いつか本編でレポートしようと思ってました。あんな感動珈琲はなかなかめぐり合うものではありません。sheafさんもですか。そうですか。
Commented by ロデム at 2005-11-10 23:14 x
移山房、ワゾー、僕も飲んでみたい、、、
なんで大阪には旨い珈琲屋が無いのかなぁ、どなたかご存じないでしょうか?
dridriさんは大阪の丸福本店へ行かれたことありますか?
大阪に来られた事のない方は、千日前という場所も含めてショックを受けると思いますよ。(笑)
とんきちさんのいう「戦前コーヒー」がもっとリアルに感じられると思いますよ。


すみません、
ちょっと話し変わって、みなさんにお聞きしたいのですが、
みなさんはストレートとブレンドってどちらがお好きですか?

僕の場合ストレートで飲むのも好きなのですが、どちらかといえばブレンドの方が好きです。
3種類くらいブレンドされたものが好きです。
ただ、僕はほとんど自分焙煎の珈琲しか飲まないので、何種類もの焙煎済み豆を持つのは結構難しいのですが、、、

でも、そういえば僕、デミタスだけはなぜかストレートでしか淹れませんね。
なぜだろ??
Commented by monk at 2005-11-11 00:17 x
>>ロデムさん
次の日曜に難波に行く予定なので本店に行こうと思ってます。。
このコメント達を読んでると飲みたくてしょうがない^^

僕はストレート派!!その国に思いを馳せながら飲むのですっ!
ブレンドだと、ドコを思い浮かべていいのか、、、(悩、、
Commented by dridri at 2005-11-11 00:18 x
こんばんは、
千日前の「丸福」へは何度か行ったことがあります。
ちょっと立地環境が?ですが、これはしょうがないでしょう。
久しぶりに「丸福」の名前を聞いたのでで飲みたくなりました。今度南へ
出たら行ってきます。

大阪で評判のお店は……、あまり聞かないですね。
マニアックなお店で八尾の「ミュンヒ」というお店があります。
このお店は知る人ぞ知るという超マニアックなお店です。

マスターのコーヒーに対する情熱は相当なものがあります。
HPはないみたいですが Google でヒットしました。
いろんな意味でコーヒーに対するカルチャーショックを受ける事
”間違いない”です。

私が行ったのは随分前の話なのでTELなどして事前に問い合わせしてみてください。もし行かれる機会がありましたら、報告おねがいします。
どういう反応をされるか今からワクワクします。


Commented by monk at 2005-11-11 01:24 x
http://www9.plala.or.jp/coffee/jika/kansai/munch.htm

dridriさん調べてみたらソコソコ近所なんでいつかは行けそうです!
楽しみが増えましたw
最近は八尾駅の高架下のアラブ珈琲のカルディーズによく行きます。
Commented by とんきち at 2005-11-11 09:32 x
たいへんなことが書いてあります。八尾の「ミュンヒ」
『マニア向きには一杯に50grの粉を使い抽出に50分もかけるというすごいものがずらりと並ぶ。さらに超浅煎りの「ホワイトコーヒー」から1kgから一杯分しかとらないと言う超濃厚の「スパルタン」』

すんごく、行ってみたい。
monkさん、レポートしてー。
Commented by とんきち at 2005-11-11 09:45 x
ロデムさん
>みなさんはストレートとブレンドってどちらがお好きですか?

初めてのお店に行くとブレンド頼みます。
いいな。と思うと、次に行った時、ストレートを試してみます。
何回か行って
気に入ったストレートが見つかるとそればかり飲みます。

『おれってストレート好きなんだ。』ッてはじめて気が付きました。

(自分ん家では、焙煎が『コロンビア』オンリーですから、ブレンドまで研究が進みません。)
Commented by monk at 2005-11-11 18:30 x
こんちわ。

八尾の「ミュンヒ」に行ったら、シッカリとレポしてきますっ! ( ・∀・)っc□

トンきちさんはコロンビアですか!
最近、モンテオロ焼いてるんですが豆の大きさがバラバラなんで気合い入れて真剣に焼いてます。
ティピカって旨いです。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-11 21:39
monkさん
レポよろしく。ホントお願いします。

コロンビア難しいんだよなー。いろんな味が出てきて、これぞってポイントに辿り着けない。水分も多くて、肉も厚い。ブレが多くて、イイ感じになかなかなってくんない。それだけ幅が広くていい豆なんだから、なんとかものにしたいんだけどなあ。
モンテオロ調べてきました。スクリーンが15以上となっているだけ。だから16とか17とか色々入っているんですね。きっと。ティピカの中でも
Genuine ティピカ=真のティピカ と呼ばれるそうです。スペシャリティーですねえ。スンゲー良さそう。
とんきちの使ってるのはエメラルドマウンテン。普通品のちょっと上のやつです。
Commented by sheaf at 2005-11-11 22:00
>みなさんはストレートとブレンドってどちらがお好きですか?

難しい質問なのですが、「美味い!」という意味ではブレンドです。(ひそかに、種類に関係なく混ぜると美味しくなるんじゃないかなー、位にさえ思っています。)

ただ、お店などで「凄い!」と感じるのはストレートです。その豆の個性とポテンシャルがしっかりと引き出されたカップを飲むと、びびります。


<< 移山房 焙煎機の改造1(3/8をめぐる... >>