ドリップポット(ランブルポット)

1.
初めて、銀座カフェドランブルに行ったとき、
(上京したての、18歳!でした。)
相当にいろいろなカルチャーショックを受けたのですが
なんと言っても一番驚いたのは、
あのポットの先から、ネルの上に吸い込まれてゆく
糸のようなお湯の流れでした。
これには驚きました。

まるでポットの先から銀のネックレスチェーンを真っすぐに垂らしたような
キラキラとして、きれいな、安定した細い差し口!!



2.
ランブルでのデミタスのドリップのあらましを見てみましょう。

まず、沸騰したホーローのポットを、コンロから下し、
温度を確かめるように、ポットのふちを指でちょんちょんと触りながら
沸騰が冷めて落ち着くのを待ちます。

次に、やおらポットを持ち上げ、脇を締めてミゾオチのあたりで、
一定の角度を保つようにポットを右手で固定してしまうのです。

そして、静かに一滴、湯を落とします。
点滴の始まりです。
ひとしずくづつの湯が染み込んで、
コーヒーの粉の中心で10円玉くらいの大きさに成ってくると
今度は、左手で持っているネルの方を、小さく静かに、水平に回し始めます。
(ポットは固定しネルの方を回すドリップを、とんきちが初めて見た瞬間です。)

ネルを回す左手の動きに合わせるように、
固定しながらも、微妙に右手のポットを操作しているらしく
次第に点滴の間隔はせばまり、最後には湯が細い一本の線となり
ツツッーっと、一定の量がコーヒーの粉の中に吸い込まれて行くのです。

このときネルの中には、液体の量が増え続けているはずなのですが
まだ外側のどこにも、コーヒー液は、しみ出してはいません。
粉は湯を吸い込み、少しずつ膨らんできているのですが
泡が表面に浮き上がって来る事もないのです。
コーヒーの粉は、撹拌される事はなく、
徐々に増えていく湯の中で、原液が濃縮されている様に見えます。

注湯が途切れる事はありません。
ネルも回され続けています。

真っすぐな白い湯の糸は、胸の下あたりからヘソ位の高さに注がれ
濡れたコーヒーの粉の上で、くるくる回り、円を描き
やがて中のコーヒー液は増えて、重くなり、
ネルの側面から下方にかけて
少しずつ赤暗いコーヒー液が外の起毛ににじみ出し始めると
最後には耐えきれないように、
ポツリと。
最初の一滴が、銅製の小さなミルクパンの上に落ちてゆくのです。

(その一滴は、
 あくまで黒く、あくまで香り高く、
 濃厚なコーヒーエキスでなければ成りません。)

その後二滴、三滴とコーヒー液の落下の間隔が狭まり、
やがて一本の糸のようになり、
ネルの底の一点から、抽出された液が、乱れなく落ちてゆきます。

一方、上から継ぎ足されている湯もあくまでも一定で、一本の糸の様ですから、
上からの透明な糸と、
下への琥珀色の糸が、
ネルを挟んで同時に、同量、流れている様子で
何とも不思議な感じさえ受けるのでした。

液の色が薄くなり始め、十分に抽出されたと見ると、
最後は抽出不足の所に太いお湯をちょんちょんと注ぎ足したり
真ん中にザっと太い湯を注いだりして調整しています。

片手鍋の中のコーヒーが一定量に達すると
サッと。
ドリッパーはわきによけられ、流しに投げ捨てられ
(この瞬間がカッコいい! 「静」から「動」にかわる一瞬!!)
そして、何事もなかったかのように、
銅製のサーバーの中には、透明なコーヒー液だけが
静かに残されているのです。

スプーンを使い、浮いている二三のあわ粒がよけられ
カップに抽出液がサーブされます。

正確な時を刻みながら行われる一連の流れは、
まるでドラマを見ているような、深い感動をもたらします。
そしてそれを、さも日常の、とるに足りない事のように
次のコーヒーも、そして次のコーヒーも
平然と、かつ機械的に行っている人が
カウンターの中に静かに立っているのでした。

そのカッコ良さに、とんきちすっかり魅了されてしまいました。
(なんせ18才ですから。影響されやすいんです)


3.
その後、何度かランブルに通っているうちにわかった事は
なんと、あの、魔法のポットが、レジの所で買えるらしいと言う事でした。
早速、勇んで、ポットを買い入れたのです。

一緒にランブル通いをしていた同郷の相棒は、
紺色の、店で使っているのと同じ大きさのポットを買いました。
とんきちは、赤い色の小さな方のポットを買いました。

それが、これです。
a0042726_14572370.jpg

どうして糸のような湯が出せるかと言うと
湯口の先端の形状によるわけです。
下唇が長く、少しずつ細くなり、先端は少しだけ下向きにめくれているため
湯切れがよく、ぴたっと止まります。
(下にダラダタ垂れません。)
a0042726_1513722.jpg
コンロに直接かけると、藤で編んだグリップの下の部分に
火が回り込んで、燃えてしまうのです。
それでこんな風になってしまいました。
a0042726_1425599.jpg




その後も何度かマイナーチェンジをしながらポットが売り出されている様ですので、
気になった時は買うようにはしているのです。

これは、取っ手に藤が巻かれていないタイプのものです。
a0042726_1428687.jpg
ランブルのロゴもシールにかわり、はがせばどんな店でも使えるように成っています。

これは、最近出たステンレス製のものです。
a0042726_14311391.jpg
取っ手には、藤の編み込みが巻かれているのですが、
今度は炎返しの板がついています。

これはサザコーヒーに行ったとき、記念に買ったものです。
a0042726_1435583.jpg
ランブルのより、下唇が大きく下に反っているような感じがします。

カリタのこんなのも買ってみましたが
a0042726_14374294.jpg
結局は、ほとんど使わず、飾り物になってしまいました。
a0042726_14405424.jpg



4.
はじめてポットを買った日から、
今度は、とんきち、練習です。
あのような安定した糸を垂らすために
来る日も、何度も、練習です。
朝おきて、モーニングコーヒーを入れようとすると
湯の線がうまく出せません。
練習です。
パジャマのまんま、朝っぱらから、流しの前で
ポットで水を何度も垂らしているわけです。
(なんか、取り憑かれたような感じ。笑っちゃいますよね。)
(でもその時は真剣。)
先の形が気に食わないので、今度は金槌で先っぽをたたいてつぶします。
そんな事をしているから、ホーローがはがれてさびてしまいました。
a0042726_14492167.jpg
玄関先でカンカンやっている所を、同じ下宿の連中に見つかって、笑われたのを今でも覚えています。




そうして、はじめてポットを買ってから、ズーッと。
(20数年間)
今でも愛用のポットは、この一本になっているのでした。

a0042726_14533875.jpg

by tonnkiti2002 | 2005-11-20 15:21 | 道具 | Comments(19)
Commented by 通りすがり at 2005-11-20 18:55 x
イヤー懐かしい。
私も25年前このポット買いました。 確か4~5千円は、したような記憶有ります。そうそう籐の部分が焦げてしまうんですよね。
今も持ってはいますが、底のホーローがはげて植木の水やりに使っています。
当時、ランブルさんがドイツパンを神戸から取り寄せていて、よく分けて貰ったのですが、今でも有るんでしょうかね?
Commented by monk at 2005-11-20 21:35 x
今日、僕の行ったミュンヒの店主さんも数十年まえにランブルさんのデミタスに驚いたそうです。
そのミュンヒで僕が驚いてきました。
また週末にはアップできると思います。

今日初めて、フレーバーコーヒーさんの動画見ました。
あんなドリップの仕方もあるんですね~。難しそうです(ーー;)
なんにしても思った通りの湯を注げるようになりたいですね。
元はといえば、僕のミルク缶焙煎器もフレーバーさんのを参考にしたの忘れてましたw
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-20 21:48
通りすがりさん
初めまして。こんばんわ。
懐かしんでいただけたようで何よりです。しかし植木の水やりって、、、残念!!
ドイツパンは、とんきち知らないんです。なんせそのころ18才ですから。いつ行っても相棒と二人で、最年少で、カウンターでも遠慮して座ってましたから。今はママサんもいないし、どうなんでしょう?
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-20 21:56
monkさん
ついにいったんですね。『ミュンヒ』!! そっちに書きます。

思ったように湯を注げるのは、ほんとうに大切ですよね。
自分にあったポットで、体の一部になるまで練習すると言う事しかないんでしょうね。
そのせいもあって、新しいポットに変えられないようになってしまいました。
Commented by ロデム at 2005-11-20 22:32 x
ぼくも前のタイプのランブルポット欲しかったんですよ、
この鶴口と取っ手が黒いタイプ。
とんきちさん、所有されているのですね、いいなぁ。
今のタイプより微妙にいいですよね、シルエットが、使い込まれた琺瑯製品は味があってよいです。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-20 22:49
ロデムさん
そういえば、ランブル体験をアップされていましたね。読ませていただきました。ランブルの評価難しいですよね。自分にとっても20年以上の時の流れの中でいろいろな変化がありますから、、、
ただ歴史的な役割と言うのは、これはもう不動の地位だと思うんですよね。
ポットは、完成されているんだから、デザイン変えなきゃ良いのになあと思います。
Commented by ロデム at 2005-11-20 23:45 x
とんきちさん、
読んで頂いてありがとうございます。

自分が今までに味わった事の無い味覚に触れる、ということは自分の人生に置いても重要な体験だと思っています。
自分の成長とともに理解出来るのかもしれません。
歴史的な役割についても全く同感です、関口氏がまだまだご健在である、という事が何よりだと思っています。

ポットのデザインについては...変えたくて変えたわけではないようですね、
デミタスカップと同様になかなか同じものを作れるところが見つからないようです。
求めるものが高いと難しい事もあるのでしょうね。
そういった意味でも、とんきちさんは貴重なものを所有されていると思います。
Commented by dridri at 2005-11-21 02:07 x
とんきちさん今晩は、
これを読むとランブルのデミタス飲んでみたくなりますね。私がランブルに行ったのはもう20年以上前だったと思います。普通のブレンドを飲んで美味しかった記憶はあるのですが特別な印象は残っていません。やはりデミタスを飲んでおくべきだったとこれを読むとつくづく思います。

デミタスのドリップ抽出、よく表現されているとは思いますがまだ分かりきれません。やっぱり実際に見てみたいですね。それにしても皆さんのコーヒーに対する思い入れにはただただ感心するばかりです。私も見習ってもっと勉強しなければと思います。でもここんとちょっと寝不足気味でオジさんにはキツイデス。ペースダウンせねばと思いつつ、ついつい夢中になってしまうのは……ウウー眠い、すいません。おやすみなさい。



Commented by sheaf at 2005-11-21 02:18
はからずも、今日、銀座に行く用事があったのでランブルにも行ってきました。

この記事を見ていたらランブルポットも欲しくなってきてしまいました。糸のように細いお湯がコントロールできるポット、欲しいです。とんきちさんは既にご存知だとは思うのですが、「どりっぷ」の川中さんがポットの材質は銅か琺瑯が良いと書かれていて、それも気になっています。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-21 19:11 x
ロデムさん
>読んで頂いてありがとうございます。
どういたしまして。時々読み返してるんです。前に気がつかなったことが、気がつくことがあるから。
>自分の成長とともに理解出来るのかもしれません。
『ダフニ』の回で書きましたが、桜井さんが、ランブルの味を本当に理解するのに30年かかったと言っていました。そうゆうもんなんですね。深いなあと思います。
>関口氏がまだまだご健在である、という事が何よりだと
テレビで元気な姿が見れたそうですね。いつまでもお元気で。
>ポットのデザインについては...変えたくて変えたわけではないようですね、
ロデムさん詳しいですね。
籘を編む職人がいなくなったと嘆いていたのをランブルで聞いたことがあります。
>とんきちさんは貴重なものを所有されていると思います。
本当に大切にしたいと思います。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-21 19:46 x
dridriさん
こんばんわ。
>これを読むとランブルのデミタス飲んでみたくなりますね。
じつは、普通のコーヒーも途中までは、同じ入れ方なんです。
勝手に一番だし、二番だしとよんでいたんですが。
一番だしまででデミタス。それからさらに、別の片手ナベに、太い湯で抽出を続けた、出がらしみたいなものを二番だしとよんでいました。
後から、一番だしと二番だしを混ぜたものが、普通の濃さのコーヒーだったと思います。
>デミタスのドリップ抽出、よく表現されているとは思いますがまだ分かりきれません。
ぜひ。一度実際に!! カフェドワゾーでもご覧になれます。
>皆さんのコーヒーに対する思い入れにはただただ感心するばかりです。
みんなもボクも「コーヒー大好き!!」ですから。
>ペースダウンせねばと思いつつ、ついつい夢中になってしまうのは…
ペースダウンして、無理なく行きましょう!!
(と言っても自分も難しいけど)
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-21 19:59 x
sheafさん
>はからずも、今日、銀座に行く用事があったのでランブルにも行ってきました。
偶然とはいえ、、、ランブル最近ご無沙汰なんです。どんな様子だったでしょうか?
これを機に又一回行ってみようと思います。
>糸のように細いお湯がコントロールできるポット、欲しいです。
ぜひ、一生もののポットをひとつ。思い違いでなければ、ホーローのもあったと思うので。
>、「どりっぷ」の川中さんがポットの材質は銅か琺瑯が良いと書かれていて、それも気になっています。
とんきちも、すごく気になっています。
あと、沸騰させた湯もダメだとおっしゃってる。
ポットの材質も沸騰も、言われるまで、気にしたこともなかったし
気にしている店もランブルをはじめとして、ほとんどないと思うのです。
彼の舌の鋭敏さを物語っているとボクは思っているのですが、、、
自分ではいまだに違いがわかりません。実験でもしければわからないかもしれません。
Commented by kick at 2005-11-23 01:48 x
私は、ずっとこっちに住んでいるし、上京しても銀座までは足が伸びません。昔は、吉祥寺の方には行っていましたが、ランブルは実はまだ行ったことがないんです。是非一度行ってみたいとは思っています。
ポットは、カリタのステンでできた注ぎ口が細くて長いやつをフレーバーコーヒーの方法で加工して使っています。これはワザがなくても、お湯が細く出ますから、特別に練習なんかはしませんでした。
確かに、ステンのポットはほんのわずかだけ、金属の味を感じることがあります。更にいうと銅のポットの場合は、錫めっきは必須です。お湯も、沸騰させた方が良いという方と沸騰させない方が良いという方の両方いますね。コーヒーに対する考え方の違いだと思います。私の場合は何でもかんでも出したい方なので、沸騰させたお湯を使います。私は潔癖なコーヒーと勝手に呼んでいますが、味を整理して本当に洗練されたコーヒーを好む方は、沸騰させないお湯を使うかもしれません。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-23 11:45
kickさん、ありがとうございます。

五年ほど前に本で、金属ポットとお湯の沸騰の問題点の指摘を読んでから、はじめて第三者の意見を聞く事ができました。

やはり、ステンレスでも、ほんのわずかながら影響が出るのですね。その影響をどの程度評価するかの問題だと思いました。
(自分としてはそれほど気にしなくても良いと思います)
なぜ銅なら良いのかも疑問でした。銅の方がいろいろな成分と反応しやすそうな気がしていたからです。メッキが必須なのですね。

湯の沸騰に関しても、納得『大』です。
なぜなら、これを言っている、「どりっぷ」のマスター川中さんは、非常に熱心な方で、まさに潔癖と呼ぶにふさわしい取り組みをされ、「潔癖なコーヒー」を出されています。
(そこが、中川さんの良い所だと思っているのですが)
沸騰させないと言うのは彼のコーヒー観を物語っているのだと納得しました。
Commented by kick at 2005-11-23 14:12 x
お湯の違いを確認するには、沸かしたお湯をそのまま飲んでみるのが一番手っ取り早いです。だだ、コーヒーの場合、水の硬度で成分の出具合が大きく変わるし、硬水の沸かしたやつを飲み比べた経験がないので、あくまで不純物の少ない軟水を使った場合です。沸騰させると、味は明らか変わるのが分かります。薬缶の素材の違いは、体調のいいときに分かるかな、という程度です。
また、邪道ですが、鉄瓶で沸かしたやつでコーヒーを淹れると、渋みがなくなったり、沸騰直後と長時間沸騰させたやつを比較したりもしたことがあります。こだわり始めたらきりがないし、豆屋なので、どんな条件でも、おいしく飲めるように焙煎したいと思っているので、最近は以前と比べてラフになりました。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-23 15:03
>お湯の違いを確認するには、沸かしたお湯をそのまま飲んでみるのが一番手っ取り早いです。

聞けば、当たり前のような事です。しかし、やった事がなかった。
やるかやらないかは大きな違いなのです。勉強になります。
すぐ試してみます。
Commented by ロデム at 2005-11-23 15:43 x
>kickさん、
さすがプロですね、やはり色々と試されているのですね。
色々こだわった末に、
>どんな条件でも、おいしく飲めるように焙煎したいと思っているので、
>最近は以前と比べてラフになりました。
この辺に、あぁプロの考えだなぁ、と感心しました。

>聞けば、当たり前のような事です。しかし、やった事がなかった。
>やるかやらないかは大きな違いなのです。
とんきちさん、本当にそうですね。
僕も、これから試してみます。でもわかるかな?
Commented by tonnkiti2002 at 2005-11-23 15:52
kickさん、ロデムさん
やってみました。
沸騰始めたすぐの湯と、その後チンチンに沸騰させたものと、飲み比べました。
沸騰はじめのは、柔らかい甘い感じ。沸騰後の湯は角のあるドライな感じ。違いがあると思いました。
これが珈琲にどう影響するのかはこれからまた試していこうと思います。
Commented by 通りすがりの、JSBです at 2009-01-09 20:48 x
私も、フレーバーコーヒーのサイトを見てアレコレやっています
コーヒーを淹れるときのポット。OUTDOORでは、大きな物は持っていけない場合が多い。そこで考え出したのが、一人専用の一本足打法(笑)
竹の箸を尖らせて、それをガイドにしてお湯を丁寧に粉の上5mmに流し込みます。水流はΦ3mm以下です。
恐らく、この手法はまだ見かけないと思います。
非常に細かい泡が、湧きあがります。蒸らしは、捨てています。
2/3湯量でドリップを外します。好みで、お湯割りしています。
自分で、ハワイコナを空缶焙煎しています@70gずつ
挽き立てが好きです。


<< 焙煎機の改造2 移山房 >>