小型焙煎機の作製 2 (撹拌翼)

攪拌翼について

小型焙煎機の撹拌翼についてです。

撹拌翼とは、シリンダーとかドラムとか呼ばれている筒状の回転体の中で、
火にあぶられている焙煎豆をかき混ぜる役割をする大切なパーツです。
半熱風であれ、直火であれ、焙煎の方式が変わっても、
生豆に均等に熱を与えるために、
よくかき混ぜながら熱する必要があるのです。

業務用などの焙煎機は、カバーに覆われていますから
普段は、その中にあるシリンダーや撹拌翼を見る事ができません。
小型焙煎機の作製に当たっては
撹拌翼をどのようなものにすれば良いのか?
ナゾの多い所です。

今日は、実際に撹拌翼を作ってみて、実験をして確かめたいと思います。


先行事例、目標

先行例としては
1.『C0FFEE ARCHIVE』TSUJIMOさん
自作焙煎機(半熱風)の中の、kickさんに紹介してもらったpdf.の図。

2.『モノクロ珈琲』sheafさん
井上製作所HR−11のシリンダー内部の写真

3.『移山房』で見せてもらったフジローヤルの内部
等々がありますが、

これらを参考に
1.よく撹拌する事。
2.ドラムを逆方向に回転させたとき、焙煎豆が排出されるようにする事。
この二つを目標にして考えを進めていきたいと思います。



実験装置

頭の中でいくら想像していても、わからないので
手回しの簡易装置を作って実験をする事にしました。

実際に「撹拌翼がどのように働いているのか?」
確かめようと思います。


実験装置は、これです。

a0042726_20474499.jpg

中が完全に見えるようになっています。
a0042726_20493737.jpg


東急ハンズをうろうろしているとき、
たまたまアクリル製の円筒を見つけて、この実験を思いつきました。
アクリルの筒の大きさはφ150mm×高さ200mmで
実際に予定している筒よりも、ひとまわり小さなものになっています。
a0042726_20524032.jpg


各部品は、本番用のものをそれぞれ利用しています
a0042726_20552873.jpg
a0042726_20571380.jpg

シリンダーとシャフトをつないでいるのが『シャフトホルダー』です。

シャフトホルダーφ10

a0042726_20594798.jpg名称:縦型シャフトサポーター
メーカー名:オザック精工(株)
型番:SFW10
価格:1900円






フレームパイプ

a0042726_211090.jpgアルミパイプの端部にナットを仕込んで、
前面と後面のアクリル板をネジ止めできるような
フレームパイプを4本作りました。







スチロール板を翼の形に切り抜いて、筒の中にセロハンテープで貼付け、
生豆200gを実際に入れて回転させてみる事にします。




撹拌翼の形状

a0042726_235132.jpg
a0042726_2353419.jpg



図1のように、円筒形の断面は、楕円形です。
図2の様になるように職場のK山君にCADで書き出してもらい、撹拌翼の基本形としました。
(K山くん、ありがとう。)




実験


A.
a0042726_2411379.jpga0042726_2423886.jpg









羽を四枚螺旋状になるように貼付けます。

a0042726_248287.jpga0042726_2494829.jpg









回転方向を変える事によって、豆が奥から手前に移動し素早く排出する事ができました。
問題点としては、焙煎時に豆の位置が奥の方に偏りすぎていることがあると思いました。



B.
a0042726_2545892.jpga0042726_2555564.jpg









羽を中央で半分に切りずらして貼付けました。中央に隙間を作り豆のかたよりを防ごうとしたのです。

a0042726_30541.jpg

豆の片寄りが少なくなりましたが、完全に良くなったと言うほどではありません。
豆の排出は、残りなく行われますが、Aに比べて時間がかかる様です。


その他
a0042726_385619.jpg
a0042726_394999.jpg

その他いくつかのタイプで試してみましたが、結論としては、AまたはBが現在有力であると思われます。

またその他の問題点として、全面パネルと撹拌翼の間に豆が挟まり、回転に引っかかりが出る場合があるので、全面パネルと羽の隙間の距離は5mm〜10mmの間で調整が必要と感じました。また排出口にも豆が引っかかる事があるので改良が必要と成りそうです。


まとめ

・豆の排出は回転方向を変える事により楽に行える事がわかった。
・AまたはBで検討する。
・豆の引っかかりを防ぐ調整が必要。
・スプリングタイプの蝶番は有効である事がわかった。

以上,予想より良くできたなー。と思います。
とんきちでした。
by tonnkiti2002 | 2005-12-12 03:36 | 焙煎機


<< Pen(雑誌) 小型焙煎機の作製1 >>