チャフ(喫茶・豆売り)

1.コーヒーとの出会い
 −喫茶店「風車」−

コーヒーとの出会いは
高校一年生の秋か冬、だったと思います。

高校の生物実験室の黒板の前で、
小学三年生からの幼馴なじみが、
こんなことを言ったんです。

「ネーチャンに聞いたんだけど、駅のほうに、
 カウンターだけの小さい喫茶店があるらしいんだ。」

その小さい喫茶店に反応したボクは、
「こんなくらい?」と言いながら
三畳間くらいの大きさの箱を、生物実験室の黒板の前で、机を縫いながら、
グルーっと書いて見せたのです。
(子供が陣取りをするように)
「そうそう、そんなくらい。」
「えー。そんなめずらしいのがこの町にあるんだ〜。すごいなあ。」
(ほんとは東北弁で言ってますけどね)
「今度言ってみようか!!」

早速、次の土曜日、部活の前に、学校を抜け出して
自転車コイでいってみました。
その小さな喫茶店。

場所は駅の近くで、
名前は「風車」と言います。
学生服のまんまの中学出たてのような子供でしたから
店の人は、さぞ珍しい客だと思ったことでしょう。
間口が狭く、奥に長い
たった六席のカウンターだけの小さな喫茶店でした。

アラジンの魔法のランプみたいな、
口の長いポットで入れているのもはじめて見ましたし。
ネルドリップもはじめてみました。
メニューの看板には、みたこともないコーヒーの名前がずらーっと
「ブレンド」や「各種ストレートコーヒー」の他に
「フレンチ」
「エスプレッソ」
「カフェオレ」
「カフェロワイヤル」
「トルコ風」
「中華風」なんてのもありました。

今ならあたりまえのメニューも
なんせ、25年以上も前の岩手の田舎町のことですから
そりゃあもー。カルチャーショックなわけです。

一緒に行った相棒が何を頼んだのか覚えていません。
とんきちは、なんだか、ぜんぜんわからずに、
ただカッコよさそうだったから「フレンチ」を頼みました。

小さなランチョンマットの上に
水とミルクと砂糖つぼを乗せまして
そこに
出てきました。「フレンチ」が

なぜか、かなり緊張して、あがっていたと思います。
カッコつけと言うか、義務感と言うか、背伸び感で
「ここは、ブラックで飲まなくては。」と思い込み
今までやったこともないくせに
あたりまえのような顔を作りながら
砂糖を入れずに飲んでみました。

〈ニガー。〉
〈とっても。ニガー〉

無理をして、でも平静を装って、
最後までブラックで飲みました。
(そおゆうお年頃だったんですねー)

店を出てから、もうコリゴリだ、とはならずに
「また行こうな〜。」となりましたので、
感じ入るところがあったのだと思います。

「メニューを全部征服しよう」とか言いながら
それから毎週土曜日、必ず相棒と二人で、
学生服のまんまコーヒーを飲みに行くと言う習慣が
高校卒業までの二年半、ずーと続くことになるのです。


当時の様子が
その後出版された雑誌ブレンドNo.2(1983)に掲載されていますので
引用しておきます。

『一関駅から歩いて5分。カウンターだけで6席しかない、ほんとうに小さなコーヒー店
 である。しかし、市内のコーヒー通の間ではまず、ほとんどの人が知っていると言って
 よい。
 オープンは昭和51年。店主の小原憲二さんは、開業前コーヒー卸問屋で焙煎技術を
 じっくり学んだ。それだけにコーヒーへの思い入れは、温厚な人柄からは想像がつか
 ないほど熱く、鋭い・・・・・・・』


マスターの小原さんとも仲良くなり
高校卒業ひかえ、
上京しての大学進学が決まった時、
「東京に行くなら、この店にいったほうがいい。」
といって、手渡されたメモには
銀座『カフェドランブル』の
場所が書かれていたのでした、、



2.『風車』移転。改名『チャフ』

その後、駅前の『風車』は、
名前を変えて移転をし、
文化センターそばの自家焙煎の店『チャフ』となり
再び去年、郊外の山の中に移転をして
現在の『チャフ』になっています。

年末年始は、岩手に帰っておりましたので
毎度の事ながら『チャフ』に行ってきました。

今は,人気の少ない山の中の店です。
自宅の庭先に一戸建ての店を構えて
主に車での客を相手にしながら
豆の卸売りのほうも力を入れているようです。

店の外観です。

a0042726_23491136.jpga0042726_23495498.jpg










看板です

a0042726_0382756.jpg
a0042726_0401217.jpg


中に入ると、今年一年の活動を暗示するように、麻袋が無造作に置いてありました。
a0042726_235410100.jpg

それから、ホームページを作るそうで、ギフトの撮影の真っ最中でした。
a0042726_23554056.jpg

店内の様子です。
a0042726_005345.jpg
a0042726_01261.jpg


マスターの小原さんです。
a0042726_033480.jpg


焙煎機はラッキーの4キロ釜。
a0042726_052100.jpg


コーヒーは、抜けの良い、あっさり系ですが
コクや甘みを消さない工夫をしているように感じられました。
a0042726_07523.jpg


窓の外は、すごいです。
a0042726_0101122.jpg
暖かくなれば、田んぼと山だけの風景になります。


「田舎の立地を生かしつつ、どうやってコーヒーを広めていくか
 色々試行錯誤しているのだ」
と言うお話をマスターから聞く事ができました。

また、今度お盆にお邪魔したいと思います。
その節もよろしくお願いいたします。


きょうは、
コーヒーの出会いと、現在の『チャフ』のお話でした。
by tonnkiti2002 | 2006-01-14 00:51 | お店


<< 焙煎コーナーの新設 BASIE(ジャズ喫茶) >>