小型焙煎機の作製5


きのうの休日。
たのんであった焙煎機が到着しました!!


「焙煎機」と言っても、加工した部品ですから
まだまだ、組み立てや調整が
これからな訳ですけれども、
何はともあれ、
設計したものが、
形となって手元に到着したのですから、

まずは、めでたい事です。


箱を開けますと、
こんな感じです。
a0042726_23382245.jpg


中から取り出してみますと、、、、

これがシリンダーです。
a0042726_23422452.jpg
右のものが熱風タイプ。左が直火タイプになります。
パンチングメタルは、φ4mmのものを使っています。
筒の部分は厚みが2mm。底の部分が3mmとなっています。

熱風タイプの方の2mmは、ちょっと厚すぎました。
重いため、モーターの能力が追いつくか心配ですし、
厚いため、バーナーの能力が足りないかもしれません。

直火タイプの方は、
まあまあ、行けそうな感じでしょうか。



つぎに、これが前後のパネルになります。
a0042726_23512987.jpg
左が前面パネル。右が背面パネルです。
厚さは3mmですので、
かなり重量感があります。

前面パネルには、テストスプーンを差し込むための
長さ30mmのパイプが溶接してあります。



a0042726_014378.jpg
左がシリンダーのカバー。中央がモーター取り付け台。左がスイッチ盤になります。






面白いので全部出して
並べてみました。
a0042726_0342210.jpg






これは、右側の側面パネルです。
a0042726_054225.jpg
パーツが分かれているのですが、
つなげると、このようになります。
a0042726_062842.jpg



バーナー取付け台です。
a0042726_0132158.jpg

これがバーナーですので
a0042726_0135898.jpg
このようにして、台に取り付けます。
a0042726_0143370.jpg


仮り組みに移ろうとして
実際に、側面パネルにネジを通してみた所
0.5mmほど幅が足りない事がわかりました。
ネジ棒が入っていきません。
a0042726_024214.jpg

設計のミスです。
寸法の指定を間違えました。

早速。ヤスリで削って調整です。
a0042726_0285833.jpg
いつもは、金属加工が苦手で、あまりやりたくはないのですが、
もうそんな事は言ってられません。
切削油を注しながら、
ひたすらヤスリがけをして寸法に合わせます。


そうこうしているうちに
また、不具合が見つかりましたので
今度は、金切りノコで切り込みます。
a0042726_0402678.jpg




部品を少しづつ整えながら、
仮り組を進めます。
a0042726_0512550.jpg
a0042726_0514648.jpg
a0042726_052278.jpg
a0042726_0521639.jpg


やっとこ、
ここまで来たんだなー。
と。
感慨ひとしおです。

思わず遠くまで来てしまいました。

はじめは、ほんの思いつき程度だったものが
『ついに、こんな事になってしまいました。』
と言うのが正直な感想です。


さて、これからどうなるのでしょうか?

うまく動くのでしょうか???
by tonnkiti2002 | 2006-03-23 01:25 | 焙煎機 | Comments(16)
Commented by ロデム at 2006-03-23 03:42 x
うおおお!
素晴らしいです!!
やっぱりプロに頼んで正解でしたねー。

焦らず、じっくりと組み上げていってください、
いやー、一生モンですね。
Commented by niagara-cafe at 2006-03-23 20:18
読んでいるこちらが緊張してきました。うまく動いたのか非常に気になります!
それにしても、とんきちさんはチャレンジャーですね!!見習わなければ。
Commented by tonnkiti2002 at 2006-03-23 22:42
ロデムさん
こんばんわ!! ほんとにありがとうございます。
おかげさまで、ここまで来ることができました。
おっしゃる通り。
楽しみながら、じっくり組み立てていこうと思います。
Commented by tonnkiti2002 at 2006-03-23 22:49
niagaraさん
いま、机の上には、その焙煎機があるのですが、
写真のまんまです。
その先にはまだ進んでいません!!
うまく動いたのかどうか知りたいのは、まったくボクも同じです。
どうなっちゃうんでしょう?
やってるこちらも緊張してきました。
またレポートしますね。
Commented by rucola at 2006-03-24 12:44 x
とうとう届いたんですね!!!
こうして改めて各部パーツを見てみると,実に細かいところまできっちり設計されてたんですね。前面パネルの打ち出し加工みたいになっている所とか渋い!。材質もよさそうですよね~。
そういえばtsujimoさんの焙煎機は耐熱塗料とか塗っておられるようでしたが,そういうのはいらないんですかね。私はまだそこらへんまで調べることが出来ていないのですが(必要なのかどうかも含めて),少し気になりましたので。
組み立て,頑張ってください!
Commented by Monk at 2006-03-24 18:43 x
かっこいいですわ!
模型まで作った甲斐がありますねぇ。
熱風と直火の両方楽しめるし、、、
いやぁ、、、気が早いけど焙煎レポ楽しみです。
Commented by tonnkiti2002 at 2006-03-24 23:15
rucolaさん
>とうとう届いたんですね!!!
やりましたよ! とうとう届きました!

>こうして改めて各部パーツを見てみると,実に細かいところまできっちり設計されてたんですね。
ちょっと胃が痛くなる位、いろいろ考えました。
でも、出来てみれば、ああすれば良かった、こうすればよかった、と。
完成しないうちから一人反省会です。

>前面パネルの打ち出し加工みたいになっている所とか渋い!。
実は、意図したわけではなく、
万力のようなもので挟んだ時の跡がついているのだと思われます。
ちょっといい感じ!!

>そういえばtsujimoさんの焙煎機は耐熱塗料とか塗っておられるようでしたが,そういうのはいらないんですかね。
多分ですが、いらないと思います。耐火塗料は一種の錆び止めのようなものだと思いますので、ステンレスのものには必要ないかと思われます。

>組み立て,頑張ってください!
ありがとうございます。おかげさまで、なんとかあきらめずに、ここまで来れました。詰めを楽しもうと思っています。
Commented by dridri at 2006-03-24 23:21 x
こんばんは、
とうとう来ましたね。良いですねぇ~。
スタイリッシュで姿が良いです。美味しく焼けそうですね。

個人的に可動式バーナーの効果がどんなものか興味津々です。
ゆっくり楽しみながら頑張ってください。
レポート楽しみに待ってます。
Commented by tonnkiti2002 at 2006-03-24 23:27
Monkさん
こんばんわ!!
>かっこいいですわ!
ありがとうございます!!

>模型まで作った甲斐がありますねぇ。
いやー。長かったです。構想から一年半ほどかかってしまいました。
すこしづつ、あきらめないでやれば、できちゃうんだなー。と思いました。

>熱風と直火の両方楽しめるし、、、
「売り」の一つですよね。特に熱風タイプは、やった事ないもので
密かに期待しています。
直火タイプの方は、構造からくる、煎りムラが出ないか心配です。

>いやぁ、、、気が早いけど焙煎レポ楽しみです。
なんか、作っただけで、満足しそうで怖いです。
出来上がってからが本番ですよね!!
Commented by tonnkiti2002 at 2006-03-24 23:43
dridriさん
こんばんわ!!
>とうとう来ましたね。
来ましたよ〜!!。
そして、いよいよです。

>良いですねぇ~。
>スタイリッシュで姿が良いです。美味しく焼けそうですね。
ありがとうございます!!
ホント、うまく焼けるといいです。期待しています。

>個人的に可動式バーナーの効果がどんなものか興味津々です。
あまりうまく動かないのではないかと心配していたのですが、
実際に動かしてみた所、
思ったよりずっと軽く、スムーズに上り下がりしたので、
ちょっとビックリしました。
使い方はどうしましょうか?
これから考えます。

>ゆっくり楽しみながら頑張ってください。
>レポート楽しみに待ってます。
頑張ります!!楽しみます!!レポートします!!
たくさんのアドバイスいただきまして、おかげさまで、
なんとか形に出来そうです。ほんとうにありがとうございました!!
Commented by UGQ at 2006-03-25 09:44 x
耐熱塗料は、さび止めで充分だけど、耐熱グリスは軸に必要じゃないかな。
それと、バナー下の可動式「受け皿」、これは便利そうだな。
マメにチャフの燃えかすを取らないとくすぶり続けて豆が煙をかぶってしまうからな。
内の焙煎機だとこれがないからパネルをその都度、取り外して掃除しなければならず結構面倒。
掃除機が入るスペースがあればといつも思っている。

Commented by tonnkiti2002 at 2006-03-26 00:24
UGQさん
いつも御助言ほんとうにありがとうございます!!
やっとここまで辿り着きました!!
さて、
耐熱グリスですが。
必要な感じがします。しかし、、、、
今回軸受けに使っているベアリングユニットには注油口がないんです。
オイルが完全に密封されている状態なんですね。
ですから、熱に対してどれだけオイルが持ってくれるのか、実は未知数なのです。
ベアリングユニットと本体の間に薄い耐熱材を挟んで、、、
なども考えましたが、とりあえず実験ですから、どこまで持つかやってみて
ダメだったらユニットの交換と言う風に今は考えています。

チャフ受けの引き出しは、いい感じなのですが、、、
バーナーを取り付けている、台に
チャフが積もりそうで、今はそれを心配しています。
やはり、掃除機で吸い取れるように
扉でも付けておくんだったと、反省しております。
Commented by こいち at 2006-04-01 23:49 x
すごいっす!!
設計書をみたときすごいお人だなって思ったけど
写真をみるとこりゃものすごいお人だなって思っています。(笑
焙煎人が焙煎しやすいように考えた焙煎機ってすごいと思います。
頑張ってください。
Commented by tonnkiti2002 at 2006-04-02 21:58
こいちさん
こんばんわ!! お久しぶりです。
そして。ありがとうございます!!
ホント、皆さんのはげまし、ありがたい限りです。

土日と、久しぶりに二連休出来たので
焙煎機がやっと完成しました。

もっともっと凄いですよ〜。
レポートしますのでお楽しみに!!

Commented by 自作機願望初心者 at 2016-08-06 07:26 x
興味深く拝見させて頂きました
煎り上がった豆は、どうやって取り出して
冷却されるのでしょうか
その辺りのタイミング等にも関心があります。
記事を追加していただけると嬉しいです。
Commented by maradoda at 2016-08-22 11:02 x
焙煎機を自作するに当たり参考にさせていただいております。熱風式で作っております。回転ドラムのステン厚みが2mmでは厚いとのことですが問題は重さだけのことでしょうか?
熱の伝わり方でしょうか?
又、熱風式のステンパンチングメタルの穴径が4mmで豆がこぼれないでしょうか?
ユーチューブ 自作珈琲豆焙煎機 検索 黄色い表紙がありますのでみていただければうれしいです。


<< 焙煎機の作製6(実験君1号) 小型焙煎機の作製4(第2回中間報告) >>