カテゴリ:道具( 3 )

ドリップポット(ランブルポット)

1.
初めて、銀座カフェドランブルに行ったとき、
(上京したての、18歳!でした。)
相当にいろいろなカルチャーショックを受けたのですが
なんと言っても一番驚いたのは、
あのポットの先から、ネルの上に吸い込まれてゆく
糸のようなお湯の流れでした。
これには驚きました。

まるでポットの先から銀のネックレスチェーンを真っすぐに垂らしたような
キラキラとして、きれいな、安定した細い差し口!!



2.
ランブルでのデミタスのドリップのあらましを見てみましょう。

まず、沸騰したホーローのポットを、コンロから下し、
温度を確かめるように、ポットのふちを指でちょんちょんと触りながら
沸騰が冷めて落ち着くのを待ちます。

次に、やおらポットを持ち上げ、脇を締めてミゾオチのあたりで、
一定の角度を保つようにポットを右手で固定してしまうのです。

そして、静かに一滴、湯を落とします。
点滴の始まりです。
ひとしずくづつの湯が染み込んで、
コーヒーの粉の中心で10円玉くらいの大きさに成ってくると
今度は、左手で持っているネルの方を、小さく静かに、水平に回し始めます。
(ポットは固定しネルの方を回すドリップを、とんきちが初めて見た瞬間です。)

ネルを回す左手の動きに合わせるように、
固定しながらも、微妙に右手のポットを操作しているらしく
次第に点滴の間隔はせばまり、最後には湯が細い一本の線となり
ツツッーっと、一定の量がコーヒーの粉の中に吸い込まれて行くのです。

このときネルの中には、液体の量が増え続けているはずなのですが
まだ外側のどこにも、コーヒー液は、しみ出してはいません。
粉は湯を吸い込み、少しずつ膨らんできているのですが
泡が表面に浮き上がって来る事もないのです。
コーヒーの粉は、撹拌される事はなく、
徐々に増えていく湯の中で、原液が濃縮されている様に見えます。

注湯が途切れる事はありません。
ネルも回され続けています。

真っすぐな白い湯の糸は、胸の下あたりからヘソ位の高さに注がれ
濡れたコーヒーの粉の上で、くるくる回り、円を描き
やがて中のコーヒー液は増えて、重くなり、
ネルの側面から下方にかけて
少しずつ赤暗いコーヒー液が外の起毛ににじみ出し始めると
最後には耐えきれないように、
ポツリと。
最初の一滴が、銅製の小さなミルクパンの上に落ちてゆくのです。

(その一滴は、
 あくまで黒く、あくまで香り高く、
 濃厚なコーヒーエキスでなければ成りません。)

その後二滴、三滴とコーヒー液の落下の間隔が狭まり、
やがて一本の糸のようになり、
ネルの底の一点から、抽出された液が、乱れなく落ちてゆきます。

一方、上から継ぎ足されている湯もあくまでも一定で、一本の糸の様ですから、
上からの透明な糸と、
下への琥珀色の糸が、
ネルを挟んで同時に、同量、流れている様子で
何とも不思議な感じさえ受けるのでした。

液の色が薄くなり始め、十分に抽出されたと見ると、
最後は抽出不足の所に太いお湯をちょんちょんと注ぎ足したり
真ん中にザっと太い湯を注いだりして調整しています。

片手鍋の中のコーヒーが一定量に達すると
サッと。
ドリッパーはわきによけられ、流しに投げ捨てられ
(この瞬間がカッコいい! 「静」から「動」にかわる一瞬!!)
そして、何事もなかったかのように、
銅製のサーバーの中には、透明なコーヒー液だけが
静かに残されているのです。

スプーンを使い、浮いている二三のあわ粒がよけられ
カップに抽出液がサーブされます。

正確な時を刻みながら行われる一連の流れは、
まるでドラマを見ているような、深い感動をもたらします。
そしてそれを、さも日常の、とるに足りない事のように
次のコーヒーも、そして次のコーヒーも
平然と、かつ機械的に行っている人が
カウンターの中に静かに立っているのでした。

そのカッコ良さに、とんきちすっかり魅了されてしまいました。
(なんせ18才ですから。影響されやすいんです)


3.
その後、何度かランブルに通っているうちにわかった事は
なんと、あの、魔法のポットが、レジの所で買えるらしいと言う事でした。
早速、勇んで、ポットを買い入れたのです。

一緒にランブル通いをしていた同郷の相棒は、
紺色の、店で使っているのと同じ大きさのポットを買いました。
とんきちは、赤い色の小さな方のポットを買いました。

それが、これです。
a0042726_14572370.jpg

どうして糸のような湯が出せるかと言うと
湯口の先端の形状によるわけです。
下唇が長く、少しずつ細くなり、先端は少しだけ下向きにめくれているため
湯切れがよく、ぴたっと止まります。
(下にダラダタ垂れません。)
a0042726_1513722.jpg
コンロに直接かけると、藤で編んだグリップの下の部分に
火が回り込んで、燃えてしまうのです。
それでこんな風になってしまいました。
a0042726_1425599.jpg




その後も何度かマイナーチェンジをしながらポットが売り出されている様ですので、
気になった時は買うようにはしているのです。

これは、取っ手に藤が巻かれていないタイプのものです。
a0042726_1428687.jpg
ランブルのロゴもシールにかわり、はがせばどんな店でも使えるように成っています。

これは、最近出たステンレス製のものです。
a0042726_14311391.jpg
取っ手には、藤の編み込みが巻かれているのですが、
今度は炎返しの板がついています。

これはサザコーヒーに行ったとき、記念に買ったものです。
a0042726_1435583.jpg
ランブルのより、下唇が大きく下に反っているような感じがします。

カリタのこんなのも買ってみましたが
a0042726_14374294.jpg
結局は、ほとんど使わず、飾り物になってしまいました。
a0042726_14405424.jpg



4.
はじめてポットを買った日から、
今度は、とんきち、練習です。
あのような安定した糸を垂らすために
来る日も、何度も、練習です。
朝おきて、モーニングコーヒーを入れようとすると
湯の線がうまく出せません。
練習です。
パジャマのまんま、朝っぱらから、流しの前で
ポットで水を何度も垂らしているわけです。
(なんか、取り憑かれたような感じ。笑っちゃいますよね。)
(でもその時は真剣。)
先の形が気に食わないので、今度は金槌で先っぽをたたいてつぶします。
そんな事をしているから、ホーローがはがれてさびてしまいました。
a0042726_14492167.jpg
玄関先でカンカンやっている所を、同じ下宿の連中に見つかって、笑われたのを今でも覚えています。




そうして、はじめてポットを買ってから、ズーッと。
(20数年間)
今でも愛用のポットは、この一本になっているのでした。

a0042726_14533875.jpg

by tonnkiti2002 | 2005-11-20 15:21 | 道具 | Comments(19)

コーヒーカップ(デミタス)

きょうは、カップの話をします。

とんきちは、「ランブル」に目を開かされた訳ですから
コーヒーのレベルとしてはデミタスが一番上だと、もう、思い込んじゃっている訳です。
ですから、自分で入れるコーヒーはデミタスだけ。
35gの豆で50cc〜100ccの間の抽出液と、決めているんです。

ですからカップもデミタスカップだけになってしまいました。
小ちゃいカップでね、ちびちびとやる訳です。

普段使いのカップは、これです。
a0042726_2233966.jpg

たぶん、もともとは、日本酒用じゃないかとは思うんですけど、
今は何となく気に入って使っています.


しかし、「なんとなく」とは言っても、
カップには、どうしても譲れない条件が、とんきち的には、3つあるのです。

その譲れない条件とは、
1. 中が白いこと。  2. 薄いこと。  3. 軽いこと。  この3つです。

説明しますと。

1.『中が白いこと』
これは,いくら言っても言い過ぎることはありません。
大きいカップでも、小さくても、これはもう絶対条件です。
コーヒー液の透明感が表現されていなければならないからです。
カップの中に最初から違う色が入っていると,全然うまそうじゃないですね。
カップとコーヒー液の接する所にオレンジ色の線がリングの形に出てると、うまくいったと思います。正しいコーヒーは濁っていてはだめなんです。
それを、表現できるのは「白」だけだと思っています。

2.『薄いこと』
これは、おもに口当たりの問題です。
厚ぼったいと邪魔なんです。できれば何もない方が良い。
そうも行かないんで、あるならできるだけ薄い方が良い。

これについては、大坊さんが良いことを言っていました。
大坊さん曰く
ぼくらコーヒーを作る側は、唇とカップがふれあったところに神経を集中して、微妙な味の違いを味わい分けて、次回の参考にしなければならない。それがぼくらのいちばんの仕事ですから。やっぱり緊張して味わうためには、薄いカップのほうがいいんです。

薄いカップは緊張感だったんですね。
知りませんでした。

3.『軽いこと』
これも、同じです。重いと邪魔なんです。
コーヒーを味わっている訳ですから
カップが出しゃばってきてはいけません。


この三つの条件で、デミタスカップを探すと、、、、、
ないんですよ。これが。なかなか。
安くても何でも良いから、あるだろう、と思って
ファンシーショップと言いますかセレクトショップと言いますか
おしゃれな生活雑貨の店を探すんですが
みんな、ころころした厚ぼったいやつ
少し薄いんだけど重いやつ
イタリアンエスプレッソに影響されているんでしょうね。ないです。
欲しいのが。

そんなある日、
デパートの食器売り場を何となくうろうろしていると
目に飛び込んできました。条件に非常に近いカップが。
持ってみると、軽いです。
『これでいいじゃん。これだ。これだ。』と思うと
あっちにも、こっちにも
我慢できそうなのが置いてあるじゃあありませんか。
今まで探してもなかったけど
こんなとこにあったんだ。
と思って、よく周りを見ると、それは、
ロイヤルコペンハーゲンとか、リチャードジノリとか
ドイツのローゼンタールとか、ブランド品ばかりのコーナーだったんですね。

しょうがないから、買いましたよ。
その高いやつを。

ブランドは、だてにブランドじゃなかったんだ、
と言うことを悟った、とんきちだったのです。
(やはり高いやつは、軽いです。
 そこが違いのような気がしました。)

それ以後は、無駄な努力はやめました。
最初から、ブランドの支店みたいな所にいけばいいんです。


そうして集めたカップを紹介します。

これはランブルカップですから、とんきちの中では基本です。
a0042726_23154994.jpg

 
ローヤルコペンハーゲンとなっています。
a0042726_23284285.jpg

これは、取っ手のない所が好きです。
a0042726_23301498.jpg

これはリチャードジノリだそうです。
a0042726_23452252.jpg

これは日本の食器です深川と言う所で作っているそうです。
a0042726_23324235.jpg

そしてこれが、自作のデミカップ棚です。
a0042726_2334589.jpg


全然陶器詳しくないけど、デミタスカップの良いものならわかるぞ。
と言う感じにはなってきました。
3つの原則が決め手です。

面白くなってきたので
これからは日本の食器で、デミカップを探してみようと思っています。

きょうは、カップの話でした。
by tonnkiti2002 | 2005-10-23 23:51 | 道具 | Comments(6)

円錐形ドリッパー

きのう新宿のヤマモトコーヒーでドリッパーを買ってきたので紹介します。
これ。ハリオV60透過ドリッパーです。
a0042726_22493659.jpg



コーノ式とどこが違うかというと、同じ円錐形の透過式なのですが、リブの形が違います。
a0042726_22525616.jpg



ねじれたリブが上の方まできています。
a0042726_22575927.jpg



右がコーノ。左がハリオV60です。
a0042726_22591882.jpg



横から見るとリブの違いがよく分かります。
a0042726_2302754.jpg


説明書によりますと
『ドリッパー内部のリブを高く上部に付けたことにより、ペーパーとドリッパーの密着をふせぎ、空気の抜ける空間ができます。蒸らしの際に、この空間から空気が抜け、珈琲粉がしっかりと膨らみます。』となっています。
試してみようと思いますが、そんなに違いがあるのでしょうかねえ?

とんきちは、長い間コーノ式だったんですけど
じつを言うと、今はほとんど使っていません。
今使っているのは
改造版松屋式です。たいした改造ではないんですけどね。
これです。
a0042726_23213633.jpg

フレーバーコーヒーのホームページから買った物に、ステンレスの針金のワッカを一つ足しています。
そしてペーパーをつけるとこうなります。
a0042726_2325444.jpg

透過式ですから、支持体は少ない方がより良いと思うのです。
点滴でドリップして染み出し具合をみていると
逆三角形よりは、丸い形をしている方がより湯のホールド時間が長くなり、良いような気がするので、放物線の形をしたペーパーが出ないかなあ、なんて思います。
ちなみに、ペーパーの代わりにネルをつけると、こうなります。
a0042726_23363950.jpg

ネルは管理がね、めんどくさいですよね。
百円ショップで買ってきたタッパウエアーに水を張って、冷蔵庫に入れています。
a0042726_2339077.jpg

付録ながら、バーネットです。
a0042726_23394958.jpg

これはアウトドアには最高ですよね。たたむとガサばらない。

円錐型のいろいろを紹介しました。
少しずつ理想の形を探していこうと思っています。
by tonnkiti2002 | 2005-10-16 22:37 | 道具 | Comments(2)