<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

微圧計の取り付け


前回、新しく設置したガス台に、
今日は、微圧計を取り付けました。

やはり、コンロについているガスコックでは、
調整がむずかしく、
思い通りに火力(=与える熱量)を調整する事ができないので
微圧計が必要と思ったからです。


1.
微圧計を手に入れて、配管すると言う事は、
(モーターやガスボンベを調達したときもそうでしたが)
手に入れる前は、自分にはなじみのない別世界の物で、
いざ買おうと思っても、店探しから何まで皆目見当がつかず、
非常にむずかしくて、いろいろ苦労してしまうのです。

しかし,不思議な物で、一回でもそのハードルを越えてしまえば
二回目は、何の苦もなく、
アーラま〜あ簡単。今まで何を苦労していたんでしょう。と言った具合で、
コンビニで買いものするくらいに、当たり前に
すぐに手に入れてしまう事ができるのです。

一回目と二回目のこの落差。ほんとうに不思議な物です。
あんなに、悩んだりしたのが、ウソの様です。

ですから、
もう一度、微圧計を準備して、配管するなんて事は
すごく簡単。
あっと言う間に、できちゃいます。

こんな感じです。
a0042726_0123540.jpg
a0042726_013505.jpg

微圧計は5kp。外径φ75のものを取り付けました。
a0042726_015298.jpg

試しにガスボンベの元栓を全開にして量って見ると
針は2.6kpaを差しますので
微圧計は5kpaではなくて最大3kpaのものを準備した方が良いと思いました。



2.
早速。コロンビア・エメラルドマウンテンを300g焼いてみる事にします。
今日の進行はこんな具合です。

 予熱130℃で投入

 94℃から始まり火力は0.6kpa スライド式の排気は0mmで閉めた状態。

  5分後137℃で火力を0.7kpaに、排気は0mm.

  9分後170℃で火力を0.8kpaに、排気は10mm

 10分後180℃で火力を0.9kpaに、排気は10mm

 13分後204℃で一ハゼ。火力を0.8kpaに、排気は15mmに

 17分後225℃でニハゼ。火力を0.4kpaに、排気は40mm

 二ハゼのピークが来る前に終了(18分ちょっと前)

煎り上がりはこんな感じです。
a0042726_0181233.jpg

豆をかじって見ますと、
まず香ばしい甘さ,次にかすかな酸味が、
そしてどんどん酸味が強くなり、
後味は甘みが残る感じ。

最近、失敗続きだった「いやな苦み」が消えているので
「もしかして、うまくいったのでは?」と言う期待感があります。
しかし、酸味が強すぎるかも、、、

3〜4日たってから実際にいれてみないと、
何とも言えませんが。


3.
さて、「微圧計」ですが、
効果は、なかなかいいです。すごいです。
火力調整が、とても簡単に、しかも正確にできます。
必須アイテムのような気がしました。
どうして今までやらなかったのだろう。
何とつまらない苦労をしていたんだろうと
後悔しました。
今回、付けてみてよかったなー。とつくづく思いました。

今までの火力調整は、炎の高さを見ながら、コックに付けた目印で
カンにたよってやっていたんです。
「強め」「中くらい」と言った程度の目安でしか、やっていなかったわけです。

今回微圧計を使ってみて
炎の大きさは、いかに、当てにならないか、
また、判別がむずかしいか、と言うことが、今更ながらよくわかったのです。

試しに、炎の大きさと、ガス圧の関係を撮影してみました。

a0042726_027431.jpg2.6kpa(最大)









a0042726_0292311.jpg2.0kpa









a0042726_03235100.jpg1.5kpa









a0042726_0345058.jpg1.0kpa









a0042726_0365981.jpg0.8kpa










a0042726_0382336.jpg0.5kpa









a0042726_046056.jpg0.1kpa










ガス圧が小さく変化したくらいでは、
炎の大きさはほとんど変化しません。
(熱量の変化が、炎の変化にはあまり敏感に反映されていないのです。)
今までは、焙煎曲線のイメージを
炎の大きさを目安に作っていた所があって
うまくいかなかった事が多かったのだと思いました。


今後は、
炎の大きさではなく、
微圧計の数値で、焙煎曲線をイメージしながら焙煎を行い。
そして、
修正を加えていきたいと思っています。
by tonnkiti2002 | 2006-01-30 00:48 | 焙煎機 | Comments(24)

焙煎コーナーの新設


自室に、
焙煎専用のガス台を作る事にしました。
(焙煎コーナーの新設を思いついたのです)


1.
ほんとうは、
専用の焙煎室が欲しいところなのですが、
賃貸の部屋では、当然、できそうにも有りません。

今までは、キッチンのガス台の上に
その度ごとに、焙煎機を設置して
その度ごとに、片付けていたので、
やはり、なにかと不便だったわけです。
a0042726_1644386.jpg


専用の焙煎室とまでは行かないまでも
自室に専用の焙煎コーナーが設置できれば、
いつでも好きな時に、
一定の環境で、焙煎作業ができるわけですから
理想に一歩でも近づけるような気がします。

自室で焙煎を行うには、
キッチンとは違って、
ガスがない。換気設備がない。など、いろいろ問題が有りますので、
それらを、ひとつひとつ解決する必要が有ります。

今までは、
何となくめんどくさがって、やらずじまいでしたので
今回は、なんとか、そこを乗り越えて
新しい焙煎コーナー作りに挑戦してみる事にしました。


2.
設置場所は、
自作した「棚」と「机」の間の、
デッドスペースを使う事にします。

ここです。
a0042726_16455025.jpg
幸い、ここは窓際ですので、換気扇も取り付けられそうです。
また棚の側板にビスを揉んで、直接台を取り付ける事も可能です。


ガスは、
都市ガスの元栓が、部屋までは来てませんので
ナイアガラさんに倣って、
LPガスをボンベごと購入する事にしました。
(ネットで調べてガス屋さんに電話し、配達をお願いしました。)
これです。
a0042726_16473552.jpg
ガス屋さん曰く、5kgのボンベまでなら室内に置いても良いそうです。
安定器も別途取り付けてもらいました。


換気扇は、窓取り付け用のものを
ネット通販で7300円で買い、
組み立て、取り付けを行いました。
a0042726_16482739.jpg
a0042726_17191752.jpg
カーテンは、火のそばでは危険ですので、ブラインドとなっています。


ガス台はユニオンから専用のものを
買いました。
a0042726_16491058.jpg


設置用のテーブルは、木製とし
寸法を測り、ホームセンターで材料をカットしてもらい
自分で組み立てます。
材料はこれです。
a0042726_16494490.jpg

天板の取り付け状況です。
a0042726_1651625.jpg

a0042726_16514752.jpg

汚れを防ぐためと、ビスの頭を隠すために
プリント合板を木工用ボンドで貼付けました。
側面には、ステンレス板を両面テープで貼付けました。


設置後の様子です。

a0042726_17245691.jpga0042726_174167.jpg










ボンベは、普段は、
棚の下のロールスクリーンの中に隠します。


a0042726_1781725.jpga0042726_1783977.jpg(写真左)
机と棚の間に設置


(写真右)
自作コーヒー棚と焙煎コーナー



できました!!
これで、焙煎コーナーの完成です。


部屋内に煙が広がらない様に
換気扇にフードを付けるとか
台の下の部分に、焙煎豆の冷却装置を取り付けるとか
今後、色々な追加も考えられそうです。
少しずつ楽しみながらやっていこうと思っています。


3.

a0042726_17335879.jpg新しいガス台になりましたので
早速、焙煎を試してみる事にしました。

ガスの調節レバーは、操作が微妙で
一応サインペンで、目安の印をつけてみましたが
火力の調整が難しいようです。




a0042726_1738192.jpgコロンビア300gを20分ほどで
フルシティー程度に焙煎しました。
新しいガスコンロに早く慣れるように
何度か練習をしてみたいと思います。
by tonnkiti2002 | 2006-01-22 17:44 | 焙煎機 | Comments(21)

チャフ(喫茶・豆売り)

1.コーヒーとの出会い
 −喫茶店「風車」−

コーヒーとの出会いは
高校一年生の秋か冬、だったと思います。

高校の生物実験室の黒板の前で、
小学三年生からの幼馴なじみが、
こんなことを言ったんです。

「ネーチャンに聞いたんだけど、駅のほうに、
 カウンターだけの小さい喫茶店があるらしいんだ。」

その小さい喫茶店に反応したボクは、
「こんなくらい?」と言いながら
三畳間くらいの大きさの箱を、生物実験室の黒板の前で、机を縫いながら、
グルーっと書いて見せたのです。
(子供が陣取りをするように)
「そうそう、そんなくらい。」
「えー。そんなめずらしいのがこの町にあるんだ〜。すごいなあ。」
(ほんとは東北弁で言ってますけどね)
「今度言ってみようか!!」

早速、次の土曜日、部活の前に、学校を抜け出して
自転車コイでいってみました。
その小さな喫茶店。

場所は駅の近くで、
名前は「風車」と言います。
学生服のまんまの中学出たてのような子供でしたから
店の人は、さぞ珍しい客だと思ったことでしょう。
間口が狭く、奥に長い
たった六席のカウンターだけの小さな喫茶店でした。

アラジンの魔法のランプみたいな、
口の長いポットで入れているのもはじめて見ましたし。
ネルドリップもはじめてみました。
メニューの看板には、みたこともないコーヒーの名前がずらーっと
「ブレンド」や「各種ストレートコーヒー」の他に
「フレンチ」
「エスプレッソ」
「カフェオレ」
「カフェロワイヤル」
「トルコ風」
「中華風」なんてのもありました。

今ならあたりまえのメニューも
なんせ、25年以上も前の岩手の田舎町のことですから
そりゃあもー。カルチャーショックなわけです。

一緒に行った相棒が何を頼んだのか覚えていません。
とんきちは、なんだか、ぜんぜんわからずに、
ただカッコよさそうだったから「フレンチ」を頼みました。

小さなランチョンマットの上に
水とミルクと砂糖つぼを乗せまして
そこに
出てきました。「フレンチ」が

なぜか、かなり緊張して、あがっていたと思います。
カッコつけと言うか、義務感と言うか、背伸び感で
「ここは、ブラックで飲まなくては。」と思い込み
今までやったこともないくせに
あたりまえのような顔を作りながら
砂糖を入れずに飲んでみました。

〈ニガー。〉
〈とっても。ニガー〉

無理をして、でも平静を装って、
最後までブラックで飲みました。
(そおゆうお年頃だったんですねー)

店を出てから、もうコリゴリだ、とはならずに
「また行こうな〜。」となりましたので、
感じ入るところがあったのだと思います。

「メニューを全部征服しよう」とか言いながら
それから毎週土曜日、必ず相棒と二人で、
学生服のまんまコーヒーを飲みに行くと言う習慣が
高校卒業までの二年半、ずーと続くことになるのです。


当時の様子が
その後出版された雑誌ブレンドNo.2(1983)に掲載されていますので
引用しておきます。

『一関駅から歩いて5分。カウンターだけで6席しかない、ほんとうに小さなコーヒー店
 である。しかし、市内のコーヒー通の間ではまず、ほとんどの人が知っていると言って
 よい。
 オープンは昭和51年。店主の小原憲二さんは、開業前コーヒー卸問屋で焙煎技術を
 じっくり学んだ。それだけにコーヒーへの思い入れは、温厚な人柄からは想像がつか
 ないほど熱く、鋭い・・・・・・・』


マスターの小原さんとも仲良くなり
高校卒業ひかえ、
上京しての大学進学が決まった時、
「東京に行くなら、この店にいったほうがいい。」
といって、手渡されたメモには
銀座『カフェドランブル』の
場所が書かれていたのでした、、



2.『風車』移転。改名『チャフ』

その後、駅前の『風車』は、
名前を変えて移転をし、
文化センターそばの自家焙煎の店『チャフ』となり
再び去年、郊外の山の中に移転をして
現在の『チャフ』になっています。

年末年始は、岩手に帰っておりましたので
毎度の事ながら『チャフ』に行ってきました。

今は,人気の少ない山の中の店です。
自宅の庭先に一戸建ての店を構えて
主に車での客を相手にしながら
豆の卸売りのほうも力を入れているようです。

店の外観です。

a0042726_23491136.jpga0042726_23495498.jpg










看板です

a0042726_0382756.jpg
a0042726_0401217.jpg


中に入ると、今年一年の活動を暗示するように、麻袋が無造作に置いてありました。
a0042726_235410100.jpg

それから、ホームページを作るそうで、ギフトの撮影の真っ最中でした。
a0042726_23554056.jpg

店内の様子です。
a0042726_005345.jpg
a0042726_01261.jpg


マスターの小原さんです。
a0042726_033480.jpg


焙煎機はラッキーの4キロ釜。
a0042726_052100.jpg


コーヒーは、抜けの良い、あっさり系ですが
コクや甘みを消さない工夫をしているように感じられました。
a0042726_07523.jpg


窓の外は、すごいです。
a0042726_0101122.jpg
暖かくなれば、田んぼと山だけの風景になります。


「田舎の立地を生かしつつ、どうやってコーヒーを広めていくか
 色々試行錯誤しているのだ」
と言うお話をマスターから聞く事ができました。

また、今度お盆にお邪魔したいと思います。
その節もよろしくお願いいたします。


きょうは、
コーヒーの出会いと、現在の『チャフ』のお話でした。
by tonnkiti2002 | 2006-01-14 00:51 | お店 | Comments(18)

BASIE(ジャズ喫茶)

年末年始と、実家のある岩手県一関市に行ってきました。
(高校までの18年間、生まれ育った町です)
今年は、どこも雪が多いらしいですが、やはりこんな感じでした。
a0042726_14135184.jpg

市内の中央を流れる川ですが、
雪降る中、白鳥にえさをやっている人もいます。

a0042726_1416320.jpg
ランニングしている人もいます。
a0042726_14152373.jpg


それでも積っている雪は10センチ程度ですから
ちょっと不便だなーと言う位で、たいした事はありません。

晴れるとこんな感じで、
a0042726_14193568.jpg

さわやかな、いい気分です。
a0042726_1420566.jpg

実家に帰ると、必ず行く所が二つありまして。
一つは高校のとき初めてコーヒーに出会った店『チャフ』
それから全国区で有名なジャズ喫茶『BASIE』です。


これが、ジャズ喫茶『BASIE』の外観です。
a0042726_14252557.jpg

オーディオマニアやジャズファンの聖地。は、言い過ぎではないでしょう。
「ベイシー詣で」と言う言葉があって。
全国のマニアが必ず一度は訪れてみたいジャズ喫茶として有名です。
遠方から来て、市内にホテルを取って
何日も通いつめる人もいると聞いた事があります。
地元では『ベーシー』と呼ばれています。
話しだすときりがないので、文庫本とホームページ等を紹介します。
興味のある方はご覧下さい。


『ジャズ喫茶「ベイシー」の選択』 著者:菅原正二 発行:講談社 
 (この本は凄まじいですよ。こだわりと言うか生き様と言うか。ぜひ一読をお勧めします)

 店内写真http://www5f.biglobe.ne.jp/~toronto/basie.htm
 レポートhttp://www.geocities.co.jp/MusicHall/3707/baisie.html


店内のスピーカーの前で目をつぶって聞いていると、
目の前に、本当にコルトレーンやマイルスがいて
演奏しているような気がするんです。
目を開けると暗闇の中にスピーカーしかありません。
これは不思議です。

それから
大きい音なのに、全然うるさくありません。
これも不思議です。

ボクはマニアでもなんでもないのですが
本物に出会うと言うのは大切な事で、
高校以来、何を聞いても、
ここの音が基準となっている事は間違いありません。


壁ぎわの席に座ると、
土蔵を改造したその土壁は、
沢山のサインやイタズラ書きで埋まっています。
そのイタズラ書きが、豪華なんです。
とんきちミーハーなもので、いつも有名人を捜してしまうんですが
例えば今回の席の壁には「ももいかおり」「しゅんぷーてーこあさ」
「えるびんじょーんずの写真」「いろかわだいきち」等が見られました。
みなさん、ベーシー詣でを済ませた模様です。

演奏の方は、カウントベイシーオーケストラとデュークエリントンと
アートペッパーが、ガンガンやってました。
アートペッパーのミーツザリズムセクションは、
うちで聞くとなよなよした感じですが、
さすがに『ベーシー』で聞くと、バリバリのゴリゴリです。
全部が全部、ドッカーン!!です。

(すんません。味と同じで、音も説明できないんです。これが。)

デュークエリントンの時は、マスターの菅原正二さんが、
なんの興に乗ったのか
スピーカー前のドラムセットをたたいて、
LPレコードとセッションを始めました。
違和感ありません。
まさにセッションです。
レコードサウンドと目の前のドラムのナマの音は
何の障害もなく融合しています。
不思議です。

コーヒーの方は、もう一軒の店「チャフ」に譲りまして、、、
実はここで20年来コーヒーを飲んだ事がないのです。
いつも「コーラ」でして。
今回も「コーラ」を頼んだ所、在庫がないらしく
御大みずから外の自販機で買ってきた様子でした。
a0042726_14572468.jpg

三枚LPを聞いて、一応満足と言う事で
次回は、
コーヒーの店「チャフ」のレポートをしたいと思います。
by tonnkiti2002 | 2006-01-08 15:05 | お店 | Comments(12)