Pen(雑誌)

a0042726_123130100.jpg『Pen[ペン]No.141』2004 11月15日発行
  阪急コミュニケーションズ



  1.
  今日はコーヒーとちょっとだけズレるんですけど、
  雑誌に載った時のお話です。

  雑誌の取材を受けた事がありまして。
  テーマがコーヒーでしたので、
  とんきち、喜んで取材をお受けしました。


もしこれが、プロの方だったら、取材の話がある時点で、
まず第一に営業の事を考えるでしょう。
そしてそれが商売にとってマイナスになると判断すれば、「お断り」となるのでしょうが
こちとら生粋の素人ですから、
一生に一度あるかどうかと言ったつもりの、勲章でも頂戴するようなつもりで、
取材をお受けすることにしたのです。

どうしてとんきちに話が来たか?
別に取り立ててコーヒーが優れていたわけでもなく、
名が通っていたからと言うわけでもありません。

・知り合いの知り合いが推薦してくれたから、
・東京に住んでいて雑誌の方が取材しやすかったから、

たったこれだけの理由だったと思われます。

その知り合いの知り合いと言う人は、
撮影用のインテリアや雑貨をセッティングするような仕事をしている人で、
「インテリアコーディネーター」と言うそうです。

雑誌の企画が決まると、編集者は、いろんな身近の人に声をかけて
「こんな人知らないか?」と言った具合に、取材対象を探しまわるようなんですね。
業界内で、人探しなどの助け合いのネットワークができているような気がします。
その人づての網の目に、
たまたま、引っかかったと言う事なんでしょう。
コーヒーに優れている素人なら日本じゅうに沢山いるわけですから、
このブログにコメントしてくるような人であれば、
当然みんな立派な取材対象になるはずなんですが、
とりあえず近場の人に声をかけて探しているわけです。

狭い世界の中で、苦労して雑誌も作られているんだなあ。と、
今ではそんなふうに思います。
・・・・・・・

2.
ある日突然、
普段連絡を取っていない知り合いから電話がありました。
「とんきちさん、コーヒー趣味だったよね?」
何だろなあと思いながら
「そうだよ。」と答えると。
「こんど、インテリアコーディネーターの○○さんから電話あるのでよろしく。」
と言う事でした。

すると翌日、
そのインテリアコーディネーターの○○さんから電話があって
「雑誌取材の件で相談を受けてまして、
 コーヒー関係でとんきちさんのことを紹介してもよろしいですか?」と言うので
「いいですよ。」と。

するとさらに数日後
今度は、雑誌の編集さんから、取材の申し込みです。

「○○さんから紹介を受けまして。雑誌のT田といいます。」
「コーヒーの目利きを探しているんですが、、」
「いやあー。ボクは目利きではないですよ。」
「自分のやっている事なら話せますが、あれよりこれがいいなんて言えないですもん。」
「とにかく一度お会いしていただけませんか。そのときいろいろお話を聞かせて下さい。」
・・・・
職場近くの一流ホテルのロビーで待ち合わせです。

「あのホテルのエビチリがうまいんですよ。中華でも食べなからドオですか」
なんてT田さんが言うものだから「取材ってすごいんだなあ」と、
最初っから呑まれっぱなしです。

当日は、シャワー浴び直して、
普段着慣れないスーツでばっちり決めまして、
30分前には到着してしまって、ホテルの廻りでうろうろ状態です。

携帯が鳴って、ロビーでT田さんと、ご対面です。

ヨレヨレジーンズのお兄ちゃんが、ロビーでニコニコしてます。
(テレビで見る番組スタッフのような感じ)
え?あれがT田さん。
おいおい。(こちとらスーツに着替えてきてんのによー)
と言うか、とんきち気合い入れ過ぎです。
T田さん来合い抜き過ぎです。
(一流ホテルだなんて言うんだもんなー)

第一印象オッケイかなーなんて思いながら、
案内されるがままに中華屋さんへ

舞い上がっちゃって、何食ったかあんまり覚えていません。

しかし、さすがプロです。話しを聞き出すのがうまいんです。
いつの間にか2時間も、閉店間際まで、コーヒーについてしゃべりっぱなし。
ノリノリに乗せられています。
(あの頃は、コーヒーについて話す相手もいなくて相当溜まっていたんだなと、
今なら思います。)

次回、正式な取材を行うことになりまして
つぎはT田さんの他に、ライターのY口さんが同席するそうです。

日曜日の午後に自宅で取材を受けました。
Y口さんがメモを取りながら、色々聞いてきます。
「とんきちさんとコーヒーとの出会いは?」
「どおやってコーヒーをいれているんですか?」
「はじめて行ったコーヒー屋さんでマスターと話すのはどうすればいいの?」
等々、、、、
時々T田さんが「あれは、ああだったんですよね。」なんて
前回の話をネタに、合いの手を入れてきます。
自作のコーヒーの道具の棚がありまして、それを見ていただいたり。
最後は、自分で焙煎したコーヒーをいれて差し上げて
取材の終了となりました。
(コーヒーいれるところが一番ドキドキしました。
 コンディションの良い豆を準備しようと一週間前からあれこれやっていたからです。
 幸いうまくいった様です。)

「後日またお伺いしますので、撮影用に道具を貸して下さい。」
「それから、そのとき顔写真を撮らせて下さい」
との事でした


また一週間後
T田さんと、今度は女性のカメラマンでした。
でっかい一眼レフのデジカメでもって、庭先で顔写真取られます。
その間T田さんは道具の荷造りです。
(取材もめんどくさいんですね。何回もあって、一回じゃあ済まないんです。
 紹介した人に恥をかかせてはいかんと思い、がんばりました。)
近所で昼飯をごちそうになり取材は一切終了です。

その後は、メールのやり取りで、原稿の校正を行ったりして
発売までのぎりぎりの日程で、物事が進んでゆきます。
・・・・・・

発売日です。
コンンビニに行くと、表紙に自分の焙煎機が出てるじゃないですか。
ちょっと感激です。
本文には、とんきちの「コーヒーの歴史とこれから」が
コンパクトにまとめて書かれています。
さすが、プロのライターです。
コーヒーの事全然知らなくても、それらしくまとめてしまうんですね。
a0042726_1134060.jpg

出だしの所をちょっとだけ引用するとこう書かれています。

『高校に入学してしばらくたった頃、
 (とんきち)さんは幼馴染みに
 「すごいコーヒー屋を見つけたんだ」と
 誘われ、たった6席しかない小さな
 コーヒー店に足を踏み入れた。
 四半世紀前のこと。』

早速、田舎の「小さなコーヒー店」のマスターにできた本を送ったり、
「幼馴染み」に送ったりしました。


3.
コーヒーをやってきた事を一つでも形に残すことができて
とても幸運だったなあと思います。

いろいろな方にお世話になってきたんだなあと、
感謝を新たにする雑誌取材でした。
by tonnkiti2002 | 2005-12-18 12:35 | | Comments(28)
Commented by rucola at 2005-12-18 13:31 x
「至極の一杯を追い求める,ある男のコーヒー狂想曲」カッコイイですね。
とんきちさんのこの雑誌を読んで,コーヒーを趣味にし始めた人もいるでしょうね!僕も読んでたら絶対はじめたと思いますよ。
雑誌は一生の宝物ですね。
Commented by niagara-cafe at 2005-12-18 18:10
「Pen」は書店でよく目にする雑誌ですね!
実はさっき、とんきちさんのこの記事を読もうと慌てて書店に走りましたが
去年発売されたものだったのですね。いくら探しても無かったもので・・・早計してしまいました(笑
それにしても「ある男のコーヒー狂想曲」ってカッコいいですね!!
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-18 19:24
rucolaさん
ありがとうございます。
すこしでもね。そんな人がいれば本当にいいですよね。
>雑誌は一生の宝物ですね
まさに一生の宝物になりました。
長い間やってるとこんなご褒美もあるんだなーと思ったものです。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-18 20:38
niagaraさん
わざわざ書店まで駆けつけていただきましてありがとうございます。(笑)
「ある男のコーヒー狂想曲」って
本人にとっては、当たり前の、筋道通りの事をしているだけなんですけど
はた目から見れば本当に「狂想曲」に見えるんでしょうね。
Commented by monk at 2005-12-18 21:47 x
こんばんわ!

・・・面白いなぁ~。

いいネタもってますねー
ほんと貴重なことだし、2時間もマシンガントーク出来るのがカコイイです。
ぼくだったら妄想曲になるとこです。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-18 22:33
monkさん
こんばんわ!
>いいネタもってますねー
まだまだありまっせ〜。
と言いたい所ですが、もー大ネタなくなっちゃったかなあ、、、、。
考えときます。
>2時間もマシンガントーク出来るのがカコイイです。
ホントのせられちゃうんですって。プロにかかればイチコロです。
まあ、こっちも相当うずうずしてましたけど、、、
>「妄想曲」
うまいなあ。
気の利いた返しが浮かびましぇん。残念。
Commented by ロデム at 2005-12-19 02:47 x
こんばんわ!
今日とんきちさんにお会いしました!
そうです、このエントリーを見てすぐに書店に走ってバックナンバー漁りました。
いやー、なんと表紙に手廻しとんきちスペシャルが載っています!
スゴイ!スゴイ!!
とんきちさん愛用の品々も写真で掲載されています、
スゴーーーーーイ!!!
その一つ一つのやれ具合もイイ!

とても真面目そうなお顔も拝見しました、
いやー、とても信用出来そうな真面目なお顔です。

この雑誌を時々眺めながら、いつか、本物のとんきちさんに会える日を楽しみにしております。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-19 09:11
見ちゃいましたか。
イヤー。ロデムさんに見つけられちゃいました。
一年以上も前ですから、バックナンバーも、もう残ってないと思っていたんですけどねぇ。
「想定外」にハズカシィです。

改めまして、初めまして!! あれがとんきちです。

「とんきちスペシャル」は、あの頃は電動してませんでした。
その辺が企画のテーマ『スローライフ』にマッチしていた模様です。

顔はですね。本物はもっと男前ですよー。最低5倍くらいはいい男かも。
プロのくせに下手なんですねぇ。写真が。ダメだなー(スイマセン。うそです。)

こちらこそ、いつか会える日を楽しみにしております。
Commented by sheaf at 2005-12-19 11:44
これは!!バックナンバーのPen、探し出して記事を読まなくっちゃ!と思います。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-19 13:27
イヤイヤ。無理せんでください。
きっと東京では売ってないでしょう。うん。そうだ。そうだ。
Commented by masa at 2005-12-19 15:14 x
うひひ、注文しちゃいましたよ。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-19 15:25
ゲッ!! やられた。
「想定外」の展開が次々と・・・
Commented by masa at 2005-12-19 17:00 x
いやいや、あの綺麗な写真を見たら内容も気になりますよ。
とりあえず、気になる物は手に入れないと気が済まないのです。(笑)
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-19 18:25
そうですよね。
ここにコメントする人々の調査力とか、実行力とか、ねばりとか、すごいものがありますよね。
忘れてました。
きっと、ほしいとなればすぐにでも手に入れるのでしょうね。
参りました。降参です。
Commented by masa at 2005-12-19 20:19 x
そうだ、一言忘れてました。
LINKさせてください!
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-19 20:35
ボクも忘れてました。こちらもリンクします。よろしくー。
Commented by dridri at 2005-12-21 12:14 x
こんにちは、
昨日はリンクの仕方教えて頂いて有難うございました。
なんとか覚えることが出来ました。早速ですがリンクさせて頂きます。

雑誌の取材とはすごいですね。写真までのっているとは、見てみたいですね。
私も昔ですが今はもう廃刊になった柴田書店の「喫茶店経営」の取材を
受けた事があります。コーヒー機器の特集の一部として少しだけですが、今探してみたらまだありました。ナント1988・×月号となってます。
あまりにも古くて多分、身元はバレないでしょう。と思います。
(でも念のため??×月号にしちゃいました)
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-21 16:00 x
dridriさん こんにちは。
コーヒー大好き見てきました。リンクばっちりですね。
ボクも最初わからなくて、すったもんだしたことがありまして、とても人事とは思えずコメントさせていただきました。お役に立てて何よりです。

ボクの出たのは一般誌ですから、コーヒーのわからない人に対しての、イメージだけの取材なんです。
「喫茶店経営」と言えば、専門誌も専門誌。すごいです。あこがれの雑誌ですから、
注目のお店なんですね。(廃刊だそうで。時代ですね。)
よーし、探してみようと思いましたが、×月号ですか、、、
先回りされちゃいましたね。残念!!

ボクはちょっとしくじりましたので、一部でバレバレのようです。
ハズカシイー。
Commented by UGQ at 2005-12-22 18:53 x
大雪で本日、生豆の入荷が大幅に遅れて仕事にならず。
ちょっとクイズを出してみた。
一番最初に当てたら、話題のゲイシャ種、500g進呈します。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-22 20:27 x
いちおう答えましたけど
もう少し考えなおします。
Commented by kick at 2005-12-23 02:41 x
かっこいいですね。

そういえば、その昔個人ではありませんが、記事になったことがあります。
もう35年も前です。スイングジャーナルの特集記事で、岩手のJazzファンで会を作り、Count Basie のコンサートをした時です。会の会長さんは、全国的に有名な一関のBasieのマスターでしたが、事務局として実際の運営は、私が働いていた店が中心でした。私も事務局員として、少しだけ出ました。その時には、NHKのニュースにも取り上げられ、ニュースセンター9時で10秒ぐらいアップで写りました。そのうち気が向いたら日記の記事にします。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-23 03:27
kickさん
ありがとうございます。

時期が同じかどうか自信がないのですが。カウントベーシーが、一関Baiseに来て話題になった事がありました。カウントベイシーはお元気でしたが、電動の車いすに乗っていたと思います。学生のとき東京や横浜でコンサートを聴きに行きました。とても感動したのを覚えています。(残念ながら、あれが御大ベーシー最後の来日となってしまいました。)
そう言った活動の中心にkickさんがいらっしゃったとは!!
少なからず、ご縁を感じます。不思議なものですね。

ニュースセンター9時で取り上げられるほど、注目が高かったのは間違いありません。しかも、あのスイングジャーナルですからね。すごいです。 日記の記事を楽しみにしています。
Commented by monk at 2005-12-23 09:37 x
スウィングジャーナル買ってましたよ。。そんな昔じゃないですけど。
80パーセントが宣伝じゃないか、と思ってしまいます

僕が十数年前にコンサートに行ったときはフランクフォスターがひっぱってました。
みさなんも色々行ってますね~♪
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-23 12:18
monkさん
>80パーセントが宣伝じゃないか、と思ってしまいます
そんなに宣伝多くないですよ。
たぶん、79パーセントくらいが宣伝だったと思います。
(同じヤないか!←つっこみ)
monkさんはフランクフォスターのベーシー楽団のコンサートにいったんですね。
さすが「ジャズ者」ですね。

kickさん
カウントベイシーは2回来日していたんですね。思い出しました。
kickさんのお話はたぶん1回目の立ち上げの時のお話ですね!!
Commented by kick at 2005-12-23 21:31 x
「呼ぶ会」で、カウント・ベイシーを、3回呼びました。私は2.5回参加しています。1回目2回目(亡くなる直前)は、フル参加で、当日は舞台監督で、ステージの袖にいました。3回目(Basieが亡くなり、F.Greenが亡くなる直前)は、客席で見ました。このときの活動で、メンバーとすっかり仲良くなり、その後も、来日した時に何度か見に行き、そして楽屋へ行ったりコンサート後の打ち上げに参加させていただきました。数年前花巻に来た際も、メンバーがだいぶ変わっていましたが、古くからいるトロンボーンのビル・ヒューズさん、バリトン・サックスのジョンウイリアムスさんと会い話してきました。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-23 22:39
すごいです。
珈琲だけでなくジャズでも沢山お話が聞けそうですね。
楽しみにしております。
Commented by masa at 2005-12-25 09:52 x
とんきちさん、先日雑誌が届きました。
う〜ん、カッコいいですよ。本当に。
Commented by tonnkiti2002 at 2005-12-25 10:22
ありがとうございます。
とゆうか
困りはしないんだけど、恥ずかしいなあ。とゆうか
う〜ん複雑。
あれが、とんきちですので、よろしくおねがいします!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 小型焙煎機の作製3(第1回中間報告) 小型焙煎機の作製 2 (撹拌翼) >>